読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

三浦半島、黒崎の鼻へ行ってみた。

例年2月は1年で最も走行距離が少なくせいぜい300kmなのですが、今年は天気に恵まれ573.2kmも走ってました。GWあたりにピークを持って行くには少し飛ばしすぎで、腰に疲れが蓄積して来ました。そんな訳で、今週は無理をせずに三浦半島をゆるく走ってきました。

8時に出発。ネックウォーマーもシューズカバーも必要がない気温です。北東の追い風に乗って順調に三浦半島の先端部に到着。前回のライドで見つけた江奈湾が一望できる高台に行ってみると、大根はほぼ終了で、次の作物への切り替えが行われていました。

f:id:saetta0404:20160305192227j:plain

一般道に戻る途中で、「白浜毘沙門天 200m」という標識と先の見えない下り坂があり、恐る恐る行ってみると、、、

 

こんな海岸に出ました。

f:id:saetta0404:20160305192244j:plain

江奈湾と毘沙門湾の中間に位置する入り江のようです。車一台通るのがやっとの道ですが、海岸には5台程の乗用車が停めてありました。海岸には人気はありませんでしたので、釣り人の車でしょうか?

距離は短いですがMax.14%の勾配を上って一般道に戻り、岩堂山に向かいます。山というよりも丘なのですが、周りに遮るものは何も無いので、三浦半島の先端部一帯が見渡せます。

f:id:saetta0404:20160305192302j:plain

こんな寄り道をしながら、今日のメインの目的地である「黒崎の鼻」に向かいます。三崎口の駅を過ぎてから三戸海岸の方へ左折ということまでは、事前にチェックしていましたが、案内板のようなものは一切無く、例によって道に迷います。熟知した三浦半島ということで、Garminに頼る必要はないだろうと油断しました。結局、地元の方に聞いて、ようやく入り口に到着。なんとそこは、農道のどん詰まりにある野菜の廃棄処分場でした。匂いも強烈です。

f:id:saetta0404:20160305192316j:plain

とても観光地の入り口には見えませんが、笹薮の間に道が見えます。事前情報から最後は徒歩でのアプローチが予想されたので、今日はスニーカー持参で来ています。シューズを履き替え、笹の間の道を進みます。下り坂&土の道ですので、雨が降った後だとロードバイクのシューズでは厳しいです。

すぐに馬の背状の岬が見えて来ました。

f:id:saetta0404:20160305192330j:plain

先端部はこんな感じです。春になれば緑の草地になります。左側が三戸海岸方面、右側が長浜海岸方面、空気が澄んでいれば伊豆半島も見えるとのこと。ドラマのロケ地にもなるようで、確かに*曜サスペンス劇場のクライマックスシーンで見たような気がします。

f:id:saetta0404:20160305192348j:plain

岬の先端で振り返るとこんな感じです。黒く線になっているところを歩いて来ました。観光地化されていないので、人影もほとんどなく、のんびりできます。

f:id:saetta0404:20160305192405j:plain

磯に降りてみると水もきれいです。

f:id:saetta0404:20160305192422j:plain

三浦半島は走り尽くしたと思っていましたが、こんな場所がまだ残っていました。メジャーな観光地になっていないのが最高です。今のままの解りにくい入り口でOKです。ここで半日のんびりするだけの目的で、お弁当持参で走ってくるプランもいいかもしれません。

走行距離:116.8km、獲得標高:917m、消費エネルギー:1,964kcal