Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

マニア的満足度120%の川乗林道、日向沢林道

2021.04.11

奥多摩は日原地区に位置する川乗林道ですが、林道自体が通行止めとなっていたところに、2019年の台風19号で日原街道の路面が流され、その入口にさえ辿り着けない状況となり、その存在を忘れかけていました。そんな川乗林道が通行可能となったことを、林道ナノレカワ線で知り、春になったら絶対行くぞとチャンスを窺っていました。

今回は、川乗林道と接続する日向沢林道がターゲット、日向沢林道の終点となる踊平トンネルを目指します。

f:id:saetta0404:20210413061827j:plain

7:42@武蔵五日市駅のタイムズ駐車場を出発。この日の目的地からすると奥多摩まで輪行するのが常道ですが、在来線で往復6時間必要、帰りの電車は混雑するのでコロナが心配!と理屈をつけて車載としました。朝の気温は8℃、長袖ジャージと指ありグローブが必要でした。

川乗林道の起点まで30km、ちょうど良いウォームアップ区間です。梅ヶ谷峠を越えて、吉野街道を行きます。

8:42@万世橋多摩川を越えて青梅街道に入ると交通量がアップしましたが、しばしの辛抱。まもなく大部分の車はバイパスへと流れて行き、ストレスから開放されます。

f:id:saetta0404:20210413061903j:plain

8:58@白丸調整池ダムに立ち寄りトイレ。花折トンネルの分岐を渓谷へ進むとあります。ここにはダムにより生じた高低差を和らげる魚道が設置されていて見学可能でした。この時間では、まだオープンしてませんが。

f:id:saetta0404:20210413062048j:plain

9:10@奥多摩駅を通過するとすぐに日原街道の入口です。いよいよこのルートを探検です。

f:id:saetta0404:20210413062153j:plain

まるで軍事要塞のような奥多摩工業氷川工場を右手に見ながら上って行きます。

f:id:saetta0404:20210413062235j:plain

9:28@日原街道の崩落跡を通過。もっと険しい地形のところかと思っていましたが、どこにでもある渓流沿いの道です。川沿いに円筒の鉄柱をずらっと打ち込んで護岸を修復してありました。

f:id:saetta0404:20210413062335j:plain

白妙橋と呼ばれる吊り橋が見えてくると頭上に鉄橋が現れます。奥多摩工業に石灰石を運ぶためのトロッコ用だそうです。

f:id:saetta0404:20210413062402j:plain

9:36@川乗林道ゲートに到着。鉄橋の下を通過すると直ぐです。林道ゲートがありますが、通行可能であれば施錠されていません。開けたら閉めるのルールで運用されています。したがって、この林道には車やバイクもやってきます。そうは言っても離合困難な厳しい山道、この日に遭遇したのは、バイク3台、車3台(うち2台は駐車中)、登山者3人でした。

f:id:saetta0404:20210413062428j:plain

今日のゴールは、日向沢林道の踊平トンネルです。川乗林道とその先の日向沢林道を合わせて全長9.3km、標高1,200m付近まで上ります。標高差917mですので、平均斜度10%です。川乗林道の後半から未舗装路となりますが、行ってみない路面状況はわかりません。

序盤は、新緑が美しい川苔渓谷をゆるりと上って行きます。この辺りでは川苔が取れたことから、川苔渓谷、川苔山と呼ばれていて、林道名の「川乗」は当て字のようです。

f:id:saetta0404:20210413062631j:plain

まもなくして急登がスタート。以後、林道ピーク付近までず〜っと10%前後でした。厳しい上りですが、基本的に林道を独り占め、マイペースで進めるので不思議となんとかなります。しかし、夏場だったら一発でオーバーヒートしてしまう勾配、春か秋がお勧めです。

f:id:saetta0404:20210413062653j:plain

9:54@特徴的な切り通しポイントを通過。ここで長袖ジャージを脱ぎ、長袖インナーに半袖ジャージ姿に変身。手袋も指切りグローブに交換です。この日は気温差が大きいとの予報から準備してきました。

f:id:saetta0404:20210413062720j:plain

10:04@竜王橋。橋の先は急勾配のカーブです。さらにその先100mは、大きな亀裂と体が上下に揺さぶられる程の波打つ路面。よく整備されたこの林道の舗装区間の中で、ここだけは最悪でした。帰路は、安全第一で押して通過しようと記憶に留めます。

f:id:saetta0404:20210413062902j:plain

f:id:saetta0404:20210413062925j:plain

10:10@細倉橋。ここから百尋の滝、川苔山への登山道が分岐しています。百尋の滝まで1.9kmです。帰路、元気ならば行ってみるかと通過。

f:id:saetta0404:20210413063042j:plain

f:id:saetta0404:20210413063106j:plain

苦しい上りが続きますが、山の景色は春のグラデーション。クライマーズ・ハイ状態なのか楽しく感じます。

f:id:saetta0404:20210413063240j:plain

f:id:saetta0404:20210413063315j:plain

10:39@百尋(ひゃくひろ)の滝を見下ろすポイントに到着。川苔谷にかかる落差約40mの滝は、遠目でも名爆であろうことが分かります。そして視線をその左上へと移すと、絶壁に林道の道筋が刻まれています。この林道の絶景区間です。緑が深くなると滝が隠れてしまうので、今が見頃でした。

f:id:saetta0404:20210413061637j:plain

f:id:saetta0404:20210412222259j:plain

f:id:saetta0404:20210412222330j:plain

滝の上、垂直に切り立つ崖下区間までやって来ました。我ながらよく来たなという景色です。ここで、エネルギー補給の休憩としました。谷筋を流れる風で、汗をかいた体が急速に冷えてきます。

f:id:saetta0404:20210413063351j:plain

f:id:saetta0404:20210413063417j:plain

縁石を掴み、恐る恐る崖下を覗くと、滝へ向かう登山道に人の姿が見えます。細倉橋からやって来た人達です。

f:id:saetta0404:20210413063451j:plain

11:03@滝上橋。絶景区間の先にも滝がありました。この林道で景色を楽しむのであれば、ここまでで十分です。ここから先は、マニアな世界、あるのは達成感だけです。

f:id:saetta0404:20210413063537j:plain

川乗林道との我慢比べが続きます。川苔川の源流部を通過。この辺りの森は、これから芽吹きです。

f:id:saetta0404:20210413065157j:plain

11:21@標高1,000mを越えたところで路面がダートになりました。

待ってました!

と果敢にチャレンジしたのですが、直ぐに勾配がアップして手に負えなくなり、押しに入ります。こんな調子で、踊平まで辿り着けるのか?との疑念が湧いてきました。

f:id:saetta0404:20210413063658j:plain

11:27@林道の分岐点に到達。川乗林道(左方向)はこの先700m程で終点となるようです。本日のゴール踊平トンネルは、日向沢林道、直進します。このあたりは、少し平坦なので、再び乗車しましたが、、、

f:id:saetta0404:20210413063820j:plain

急激に勾配がアップし、路面もガレガレ。なす術なしです。押して進むしかありません。山の斜面側になんの対策も施されていませんから崩れて当然、逆によく整備されていると言えるのかもしれません。

f:id:saetta0404:20210413063925j:plain

こりゃ〜撤退かな???

と思い始めたところ、急勾配の終わりが見えて来ました。

f:id:saetta0404:20210413064001j:plain

勾配が落ち着くと、路面状況も大幅に改善。楽しい楽しいダート道となりました。ゴールに辿り着ける気がしてきます。

f:id:saetta0404:20210413064037j:plain

山腹に道筋が見えます。あの角度では、厳しかったはずです。

f:id:saetta0404:20210413064108j:plain

11:54@日向沢林道のピーク付近。周囲の山の山頂と同じ高さで開放感があります。この先からは下り区間でした。

f:id:saetta0404:20210413064142j:plain

帰りの上り返しを気にしながら下って行くと、ついにゴールが見えました!

f:id:saetta0404:20210413064238j:plain

11:58@踊平トンネルに到着。朝、追い抜いていった車が駐車していて、男性が立っています。こんな山中で何?と近づくと、ドローンを飛ばしていました。確かに周囲を気にすることなくドローンで遊べます。ここは、マニアの場所です。

f:id:saetta0404:20210413064303j:plain

トンネルの先で林道は消失していました。帰宅後に調べてみると、以前はこの先も道が続いていました。大規模崩落により、道が埋まってしまった景色だったのです。名栗の有馬峠まで延長される計画だったようですが、平成15年に整備計画中止が決定されたとのこと。つながっていれば、奥多摩と飯能を結ぶ夢のルートでした。

f:id:saetta0404:20210413064335j:plain

12:08@ドローンおじさんの邪魔にならないように、開放感のあるピーク地点まで戻って休憩としました。今年度一番の達成感、その余韻に浸ります。

さすがと標高1,200m付近、風が冷たく、長袖ジャージを羽織り、手袋も交換、慎重にダウンヒルをスタート。しかし、慎重過ぎたのが仇となり、一度転けてしまいました。ガレた場所でStop or Goの判断を迷い、バランスを崩しました。早い判断と思い切りも重要です。

帰路、同じルートを走るのも面白くないので、吉野街道から林道大入線に入ります。つるつる温泉側ほどの勾配ではないものの、ここも10%の世界でした。

15:07@梅野木峠に到着。誰もいない峠で最後の休憩としました。

f:id:saetta0404:20210413064414j:plain

f:id:saetta0404:20210413064433j:plain

川乗林道と日向沢林道、厳しくも楽しいマニア的満足度120%の道でした。おすすめの林道ですが、それなりの準備と覚悟が必要です。車両の通行もあるということもお忘れなく。安全に楽しんでください。

走行距離:78.1km、獲得標高:1,615m、消費エネルギー:1,955C

花の陣馬街道、和田峠

2021.04.03

一週間前の伊豆縦断の疲れが抜けず、今週は余り無理せず走ろうと考え、目的地に和田峠を選択。前回、訪れたのが2016年4月なので実に5年ぶりです。その際は表和田ではなく裏和田からアプローチして激坂に悲鳴をあげたのですが、その記憶も薄れてきて、また訪れたいなと思っていました。しかし、表和田のようなガチなヒルクライムルートは私向きではありません。となると残るルートは醍醐林道、決定!です。

f:id:saetta0404:20210405231435j:plain

陣馬山
続きを読む

春の伊豆半島を縦断

2021.03.27

緊急事態宣言解除と同時に遠征スタート!なのですが、リバウンドが見えていてスッキリしない気分。加えて3ヶ月近い自粛生活の影響か、遠出するのが面倒になり、すっかり腰が重くなっています。こりゃいかんぞ!と、気持ちを奮い立たせ、春の伊豆半島縦断(函南修禅寺→戸田峠→仁科峠→松崎→下田)にチャレンジすることを決断しました。ざっと下調べした結果、

  • 距離100km、獲得標高も1,500m以上になるコース
  • 松崎→下田のルートは、時刻と疲労度から現地判断で決定
  • 特急踊り子の最終が16:34@下田 → 16:00までに下田に到着したい → 12:00@仁科峠、14:00@松崎が目標通過タイム
  • 東海道線の下り一番電車に乗車すれば6:26@函南
  • 風は弱いが南風なので逆風

など、データを集めて準備完了。

続きを読む

コロナ効果で5年ぶりの快挙

今回、まず報告することは、これです。

祝!ヤビツ峠記録更新!!5年ぶりの快挙!!!

自転車界の底辺のタイムですが、私には快挙です。この日は、琵琶湖マラソン日本新記録が生まれた日でもあります。コンディションにも恵まれたようです。

f:id:saetta0404:20210315231447j:plain

続きを読む

丹沢湖往復100マイル

2021.02.21

天気予報を確認すると早朝の気温は10℃、しかし、日中の気温は5月上旬並みで20℃を超えるとのこと。暑いも寒いも苦手とする私は、この寒暖差の大きさに服装を悩みます。結局、そこそこ着込んで出発し、暑くなったらどんどん脱いでリュックへ放り込む温度調整可能な体制(必然的に荷物が多くなる)で臨むこととしました。この日の天気には、もう一つ特徴があります。一日を通じて南西の風で、風速は午後になるほど強くなるようです。疲れの出る帰路に向い風はNG、必然的に

目的地は神奈川県西部の箱根旧道、足柄峠丹沢湖あたり

と見当をつけて出発しました。

続きを読む

湯河原で迷走

2021.02.06

週末は、穏やかな晴天の予報、今週こそは真鶴へ行こうと決意。先週より1時間早く出発しました。

8:23@相模大橋を通過。先週より1時間早いですが気温は7℃、今週は暖かい。

f:id:saetta0404:20210207091059j:plain

続きを読む

渋沢、大磯の丘陵地帯を彷徨う

2021.01.30

相変わらずの自粛生活が続いています。三浦半島をグルグルするのにも飽きてきたので、一月の最終週は西へと進路を取りました。神奈川県内キープという自主規制のもと、真鶴半島でも目指そうかというゆる〜いプランです。真剣に真鶴半島を目指すのであれば、6:00に自宅を出発するべきなのですが、気温5℃以下で2時間以上走ると壊れてしまうので、7:00にスタート。それでもスタート時点の体感温度は0℃以下、冬用のアンダーを2枚重ね着して完全防寒体制です。

8:46@蒼く澄み切った空の下、冬の片瀬海岸は妙に清々しい景色でした。それにしても、こんなに広かったか?

f:id:saetta0404:20210131102656j:plain

続きを読む