Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

ぐるっと奥利根ゆけむり街道

奥利根ゆけむり街道は、昨年秋に水上から照葉峡、坤六峠と走りましたが、折り返しのピストンルート、片品村側のゆけむり街道は手付かずとなっていました。それでは、ゆけむり街道全線を走ってみようと調べてみるとこれが驚きです。地図上、赤城山付近の県道251号線にも奥利根ゆけむり街道のラベルが付与されています。さすがと赤城山を奥利根と呼ぶのは、許容範囲外です。そこで、大場村付近から県道64号線で背嶺峠を越えて片品村鎌田、そして片品村戸倉を経て県道63号線で坤六峠を越え、みなかみ町に至るルートを「奥利根ゆけむり街道」と自己認定しました。

勝手にゆけむりラインを定義しましたが、これを一日で走破するのはそう簡単ではありません。横浜からのアクセスを含めて考えると、百名山である武尊山の周囲をぐるっと一周するルートとなります。距離100km、獲得標高は、2,000mオーバーのタフなコースです。私の体力、脚力では、長い日中時間と程よい気候という条件が揃わなければ完走は厳しく、この三連休が今年のラストチャンスと考えていました。心配していた天気も初日の土曜日は何とかなりそう、いざ、出陣!です。

朝のスタートをできるだけ早くして走行時間を確保するために、今回も車で現地入りすることにしましたが、起点候補が3つありました。

  1. 道の駅 みなかみ水紀行館
  2. 道の駅 月夜野矢瀬親水公園
  3. 道の駅 川場田園プラザ

どの候補にも一長一短があり迷いましたが、坤六峠越えで力を使い果たしてしまうだろうと予想し、最終的に、坤六峠に最も近い 1. の「みなかみ水紀行館」を起点に決定しました。

f:id:saetta0404:20190715064135p:plain

標高マップ

7:32@道の駅みなかみ水紀行館をスタート。時速10kmとして、瀬峰峠に11:00、坤六峠に16:00、を目標タイムとしました。

f:id:saetta0404:20190714184656j:plain

道の駅 みなかみ水紀行館

まずは、交通量の多い国道291号線を回避するために、利根川を越えて地元道へと向かいます。上越線の線路沿いの地元道は、交通量も極小で正解でした。

f:id:saetta0404:20190714184751j:plain

水上の温泉街を流れる利根川

f:id:saetta0404:20190714184908j:plain

上越線沿いのunnamed road

7:52@上牧地区で県道265号線(道木佐山沼田線)へ左折します。ちょっと怪しげな「釈迦の霊泉」の看板が目印です。

f:id:saetta0404:20190714185147j:plain

県道265号線の入口

r265を上っていくと谷川岳を望むポイントがありました。あいにく雲に隠れてしまっていましたが、なかなかのビューポイントです。

f:id:saetta0404:20190714185312j:plain

谷川岳

r265序盤は、上牧の長閑な里山です。ウォームアップを兼ねて、ゆったりと上っていきます。

f:id:saetta0404:20190714185420j:plain

上牧の里山風景

沼田市との境界が、名もないピーク*でした。良好な路面を一気にダウンヒルして行くと、久しぶりの青空が前方に広がります。一気にテンションMaxです。

*「名もないピーク」ではなく、石神峠という名称があることが判明しました。

f:id:saetta0404:20190714185535j:plain

8:49@四釜川に架かる諏訪大橋付近でr265とはお別れ、広域農道・利根沼田望郷ラインに入りました。これが農道か?と思う高規格な道です。交通量は少なく、適度にアップダウンもあるので、ロードバイクのトレーニングコースに最適。この日も数台のロードバイクとすれ違いました。

f:id:saetta0404:20190714185616j:plain

望郷ライン 池田トンネル

池田トンネルを抜けると発知地区、りんごやさくらんぼの果樹園が点在します。今日は一日中曇り空と思っていたところ、この時間帯は素晴らしい天気!。余りに強い日差しに、慌てて日焼け止めを塗ります。

f:id:saetta0404:20190714185713j:plain

発知川右岸を軽快にダウンヒル

発知川沿いにどこまでも下っていくのかと思いきや、途中で勾配が反転。直線的な長〜い上り坂となります。この付近の望郷ラインは、日を遮るものは無く、夏場は厳しそうです。

f:id:saetta0404:20190714184318j:plain

今回走った望郷ライン区間には、視界の開けた場所はほとんどありません。唯一、滝野沢大橋の上から赤城山の裾野の昭和村付近が望めました。

f:id:saetta0404:20190714190002j:plain

望郷ライン:滝野沢大橋の上から

 9:27@大場村門前で左折して、望郷ラインとお別れです。

f:id:saetta0404:20190715044427j:plain

川場村

青々とした水田、黒々とした土の畑に各種野菜、そしてりんご農園と、大場村は地味豊かでした。

f:id:saetta0404:20190715044628j:plain

りんご農園

その中で、写真の不思議な形状の作物(とても野菜には見えない!)を所々で見かけます。が、作物の名前が見当もつかずモヤモヤしたまま通過。

f:id:saetta0404:20190715044536j:plain

不思議な姿の作物、何だこれ?

帰宅してから、あれは何だったのか?と調べますが大苦戦。最後は、思いついた作物の写真をネットで一つ一つ確認。ようやく辿り着いた答えが、

蒟蒻!

スッキリしました。

9:39@本日のメインルート県道64号線「奥利根ゆけむり街道」が向かう谷筋が見えてきます。距離8km、標高差500mのヒルクライムの始まりです。

f:id:saetta0404:20190715044818j:plain

県道64号線

単純計算では平均斜度6%となりますが、序盤は、薄根川に沿って斜度4、5%の道が延々と続きます。尾瀬、日光へ向かう車が時折通過しますが、静かな道です。

f:id:saetta0404:20190715044913j:plain

薄根川 赤倉沢付近

10:59@目標タイムギリギリで背嶺峠に到着。序盤が楽だった分のツケは、ラスト2kmできっちり回収されました。

f:id:saetta0404:20190715045056j:plain

背嶺峠

トンネルを抜けると片品村花咲地区です。トンネル出口には、駐車場・トイレと休憩スペースがあり、休憩&エネルギー補給。前日光では立ったままでおにぎりを齧りましたが、今週はベンチに腰を下ろすことができ、ワンランク上の休憩ができました。

f:id:saetta0404:20190715045157j:plain

片品村 花咲駐車場

11:16@静かで心地よい場所ですが、暢んびりしているわけにはいきません。標高1,100m、たっぷりかいた汗も冷えてきたのでウィンドブレーカーを着用、ダウンヒルを開始しました。あっという間に位置エネルギーを放出します。

途中の渓流で、フライフィッシングに興じる釣り人の姿を見かけます。フライフィッシングは、休みなく竿を振り続ける動的な釣りです。自分は、ヘラブナ釣りのようにじっと待つ静的な釣りの方が性に合っていそうです。

f:id:saetta0404:20190715045347j:plain

塗川の釣り人

11:34@このままr64を下れば国道120号線へと至りますが、本日は、地図で見つけたショートカットルートを行きます。

f:id:saetta0404:20190715045443j:plain

V字ターンして、白いガードレール方向へ上っていきます。

11:51@摺淵橋で片品川を越え、R120に合流。標高700m、湿った空気で少しモワッとします。

f:id:saetta0404:20190715045624j:plain

摺淵橋

f:id:saetta0404:20190715045705j:plain

片品川

この日、最も交通量が多かったR120。尾瀬に向かう観光バスも多く、気を抜けません。追い討ちをかけるように工事による片側交互通行区間が出現します。久しぶりの日差しが、ジワジワと体力を奪って行きます。

f:id:saetta0404:20190715045832j:plain

R120工事区間、歩道へエスケープしました。

12:25@片品村鎌田で左折。立派な尾瀬大橋を渡り、戸倉へ向かう国道401号線に入ります。この橋を渡ったところのデイリーヤマザキがラストコンビニでしたが、その先、戸倉までの道筋にポツリポツリと個人商店もありました。

f:id:saetta0404:20190715045924j:plain

尾瀬大橋

f:id:saetta0404:20190715050008j:plain

大滝堰堤

R401区間にはビューポイントは無く、淡々とペダルを回します。唯一写真を撮ったのが、奥多摩にもこんな橋があったな、と思った古仲橋です。

f:id:saetta0404:20190715050106j:plain

尾瀬古仲橋

13:09@ようやく戸倉に到着。ここが中間点、やっと中間点、まだ中間点です。体力の方は既に80%消費してしまい、カラータイマーが点滅しています。

f:id:saetta0404:20190715050154j:plain

戸倉バスターミナル

バスターミナル奥にベンチを見つけ、倒れるように休憩に突入。固形物は喉を通らず、エナジーゼリーと水分を補給してベンチに横になります。吹き抜ける風が心地良く、10分ほどでだいぶ楽になりました。

f:id:saetta0404:20190715050246j:plain

13:22@覚悟を決めて坤六峠ヒルクライム(距離12.6km、標高差600m)をスタートします。もはや脚にパワーは残っていないので、30T、34Tといった軽いギアしか踏めません。獲得標高2,000mオーバーのルートでは、いつも泣きが入る私です。

f:id:saetta0404:20190715050334j:plain

県道63号線 ゆけむり街道

13:44@笠科川に沿ってジワジワと標高を上げています。尾瀬国立公園の道は、驚くほど滑らかで、疲れた体に優しかったです。

f:id:saetta0404:20190715050631j:plain

笠科川

14:14@鳩待峠への分岐点で休憩の予定でしたが、標高1,200mを越えたあたりでエネルギー切れ。橋の袂で休憩し、おにぎりを補給しました。食欲が出てきたのでホッとします。

f:id:saetta0404:20190715050720j:plain

標高1,200m付近

イカー規制中の鳩待峠を往復するタクシー、中型バスが、時々通過しますが、静かな道です。鶯の鳴き声が、存在感のある古木の森に響き渡ります。

f:id:saetta0404:20190715050842j:plain

14:38@鳩待峠への分岐点、ちょうど標高1,300mでした。残り300m、少し元気が出てききます。分岐点を過ぎると交通量はほぼゼロとなりました。

f:id:saetta0404:20190715050944j:plain

鳩待峠分岐

砂防ダムで堰き止められ池のようになった場所を通過。

f:id:saetta0404:20190715051125j:plain

透明度が高く、鏡のような水面

標高1,400mを越えると頭上が開け、斜度も5%以下が中心となってきます。峠から下ってきた自転車に挨拶する余裕も生まれてきました。所々に眺望のありそうなコーナーが現れますが、青々と茂る木の葉に遮られて、視界はありません。

f:id:saetta0404:20190715051157j:plain

標高1,400m付近

ついに記憶にある景色が見えてきました。15:40@坤六峠(標高1,620m)に到着です。

f:id:saetta0404:20190715051249j:plain

f:id:saetta0404:20190715051346j:plain

坤六峠

峠には腰を下ろせる休憩場所はないので、ウィンドブレーカーを着込み、さっさとダウンヒルを開始します。

f:id:saetta0404:20190715051442j:plain

武尊山を望むポイント。昨秋とは対照的な景色です。紅葉最盛期のタイミングでこの場所を訪れたいものです。

f:id:saetta0404:20190715051535j:plain

武尊山

f:id:saetta0404:20190720003403j:plain

昨年10月26日の同じ場所

休憩できる場所を探しながら下って行きましたが、なかなか良い場所がありません。16:06@奥利根自然公園の照葉橋の袂にようやく休憩場所を発見。橋の先は、公園内を巡る未舗装路へと繋がっています。このダートも一度は走りたいと狙っている道です。

f:id:saetta0404:20190715051618j:plain

照葉橋

f:id:saetta0404:20190715052359j:plain

奥利根水源の森

16:24@照葉峡ゾーンに入ります。秋の紅葉の景色には負けますが、水量豊富な渓谷の流れは、見応えがありました。

f:id:saetta0404:20190715052522j:plain

f:id:saetta0404:20190715052552j:plain

つづみの滝

f:id:saetta0404:20190715052632j:plain

水の流れはどう撮影するべきかと試行錯誤していると、ポツリポツリと雨が降り始めました。下り基調とはいえ、水上までまだ25km程あります。これはヤバイと撤収を開始しました。奈良俣ダムも止まらずに通過します。路面は濡れ、すっかり黒くなってしまいましたが、本降りにはならず、ズブ濡れは免れました。

疲れた体に鞭打って2つの上り返し区間をクリア、17:42@藤原トンネルを抜けて、ようやくゴールが見えてきます。

18:15@道の駅閉店後のガランとした駐車場に帰着。長い一日を無事終えることができました。タフなルートを走り切った充実感で気持ちは爽快!ですが、その代償に体はボロボロです。

走行距離:102.4km、獲得標高:2,526m、消費エネルギー:2,777C

梅雨の隙間の平日ライド:細尾峠、粕尾峠、古峰ヶ原

雨の週末が続きストレスが蓄積、予定がキャンセルとなったチャンスを捉えて休みを取得、平日(7月3日)に走りに行ってきました。

各地の天気予報をチェックし、降雨確率の低い日光エリアに絞り込みます。このエリアで未訪の峠は?と考えると、奥日光の金精峠と前日光の細尾峠です。天候を考えると標高のある金精峠はパスして、細尾峠を目指すことにしました。前日光(日光市南部から鹿沼市足尾町を含む足尾山地北部)というのは、自転車に乗り始めてからその存在を知ったエリアです。どんなところか興味津々です。

f:id:saetta0404:20190705194845j:plain

国道122号線 旧道 細尾峠

平日なので自転車を抱えての都内横断を避け、車載としたことから、最終的に作成したコースは、

日光→細尾峠→足尾→粕尾峠→古峰ヶ原→古峯神社→草久→日光

という周回コースです。山の景色は絶望的なので、古峯神社をコースに組み込みました。

7:35@日光運動公園をスタート。大谷川の橋の上から見る女峰山は雲の中です。

f:id:saetta0404:20190705193343j:plain

f:id:saetta0404:20190705193417j:plain

大谷川

8:17@清滝の市街地を抜け、細尾大谷橋交差点。右折すれば、いろは坂ですが、今日はは直進して国道122号線へ。と言ってもR122を走行するのは、ほんの少し、次の信号で斜め方向に右折します。

f:id:saetta0404:20190705193507j:plain

細尾大谷橋

旧道へのルートを作成する際に、まず目につくのはR122と旧道が直角にクロスするポイントでした。ここで左折するルートを描こうとしましたが作図できません。ご覧の通り上下に交差しています。

f:id:saetta0404:20190705193823j:plain

国道122号線 旧道

8:25@R122の下を通過すると左沢橋。錆びついた欄干が、いかにも旧道という雰囲気を漂わせています。橋の先には、おなじみの「長い長い峠道」の標識がありました。

f:id:saetta0404:20190705193905j:plain

左沢橋

f:id:saetta0404:20190705193949j:plain

長い長い峠道 日光側

静寂に包まれた薄暗い杉の植林帯の中をゆるゆると上っていきます。夏場でも日差しを遮ってくれる道ですが、この日は、湿度が高くてジトジトです。

f:id:saetta0404:20190705194537j:plain

沢を越える橋の欄干には苔がびっしり。アスファルトの路面もひび割れが目立ちます。落石はありませんが、折れた枝が散乱しています。廃道感が漂っていますが、交通量はほぼゼロであり、自転車にとっては絶好のサイクリングロードです。

f:id:saetta0404:20190705194622j:plain

この峠道で印象的だったのは、複雑に折り畳まれた九十九折れです。走っていると、いろいろなところにガードレールが見えてきます。

あそこへ行くのに、どうしてこっちへ行く?
今、どっちに向けて走っているんだ?

と、さっぱりわからなくなります。まさにガードレールの迷宮でした。この迷宮ぶりを写真に収めたかったのですが、とてもワンフレームに収まりません。ルートマップを見てもらうのが一番伝わりそうです。

f:id:saetta0404:20190705194652j:plain

f:id:saetta0404:20190706192501p:plain

ガードレールの迷宮

9:33@細尾峠に到達。鞍部を貫通する典型的な峠でした。日光側から細尾峠への上りは斜度的には楽でしたが、峠の標識には、細尾集落から峠までが8km、峠から足尾までが4km、と記されています。足尾側の勾配は日光側の2倍です。この峠は、日光、足尾のどちらからアプローチするかで、印象が極端に違うヒルクライムとなりそうです。

f:id:saetta0404:20190705194730j:plain

細尾峠

峠の路面は濡れていてジトジトしていたので、少し下ったところで休憩。1つ目のおにぎりを食べます。ここで、この日最初で最後となるロードバイクとすれ違いました。何と外国人サイクリストです。彼の荒い息遣いは、厳しい上りを物語っていました。

f:id:saetta0404:20190705194949j:plain

足尾側は広葉樹林で明るい雰囲気です。路面の状況も、こちらの方が良好、途中、視界がひらけた場所があり、足尾山地の山並みが展開します。

f:id:saetta0404:20190705195118j:plain

足尾山地

10:12@足尾側の入り口にも「長い長い峠道」の標識。素敵な峠道でした。

f:id:saetta0404:20190705195156j:plain

長い長い峠道 足尾側

R122を神子内川に沿って気持ちよく下っていきます。この日、いくつかの川に出会いましたが、いづれも驚くほど澄んだ流れでした。浄化能力の高い山林が存在する証でしょうか。

f:id:saetta0404:20190705195243j:plain

神子内川

10:37@県道15号線の入口に到着。距離8km、高度差450mの粕尾峠ヒルクライムがスタートします。平均斜度5.6%ですが、途中に平坦区間があるため、体感的には平均斜度7%といった感じです。ここも交通量は極少、静寂を楽しみながらのヒルクライムに没入できました。

f:id:saetta0404:20190705195324j:plain

足尾からr15へ

f:id:saetta0404:20190705195441j:plain

粕尾峠ヒルクライム

11:52@粕尾峠に到着。相変わらずの遅さです。途中で追い抜いて行った軽自動車のおじさんに、「凄いね〜!」と言われて苦笑いします。

f:id:saetta0404:20190705195517j:plain

粕尾峠

プラン通り、ここで2つ目のおにぎりを補給。腰を下ろせる場所はなく、立ったままで食べます。

粕尾峠は三叉路となっていて、r15をそのまま進めば平和に鹿沼へと下ります。今日は古峰ヶ原へと向かうので、ここから県道58号線に進むのですが、どう見てもスタート早々、斜度10%超に挑まねばなりません。

f:id:saetta0404:20190705195654j:plain

県道58号線 勝雲山ヒルクライム

12:32@粕尾峠から2kmの地点。この日、最も斜度が厳しかった区間でした。スタート直後は、ガーミンが14%を表示、その後も10%超が断続的に出現します。しかし、この「前日光牧場4km」の標識を過ぎれば斜度は落ち着きます。

f:id:saetta0404:20190705195941j:plain

ここまでは、厳しいヒルクライム

12:38@ピークから少し下ったところに勝雲山駐車場があり、テーブルとベンチがありました。ここで休憩すべきだったかと思いましたが、あの厳しい2kmの区間を思うと、粕尾峠で休むのが正解です。

f:id:saetta0404:20190705200109j:plain

勝雲山駐車場、晴れていれば何が見えるのでしょうか?

勝雲山駐車場からは、道は豪快なダウンヒルとなります。前日光牧場への分岐は、スピードが出ていて通過してしまいました。途中、上り返し区間もありましたが、豪快なダウンヒルが続きます。逆に、反対から上るとなると、かなり厳しいことを意味します。

12:58@突然、視野に東屋が飛び込んできました。若干行き過ぎて何とかストップ。ここが古峰ヶ原高原でした。湿原となっていて散策路が設けられていますが、いつ雨が降り始めてもおかしくないので散策はパスします。

f:id:saetta0404:20190705200152j:plain

f:id:saetta0404:20190705200217j:plain

古峰ヶ原湿原

13:22@古峯神社前に到着。久しぶりに人の気配があります。

f:id:saetta0404:20190705200411j:plain

右を見れば林道前日光線の標識、これまでに見た中で最も大きのではないかと思う林道標識です。

f:id:saetta0404:20190705200440j:plain

林道前日光線

自転車ラックに自転車を停め、古峯(ふるみね)神社にお参りです。

f:id:saetta0404:20190705200804j:plain

日本武尊を祀る1,000年以上の歴史のある神社で、最近ではアートな天狗の御朱印で人気の神社です。最近、改築されたのでしょうか?ちょっとモダンな感じのする社殿ですが、中央部分の古い社殿の凝った彫り物は見事でした。

f:id:saetta0404:20190705200827j:plain

f:id:saetta0404:20190705200852j:plain

f:id:saetta0404:20190705200912j:plain

続いて、併設されている古峯園(こほうえん)を見学(入園料300円)。Googleマップに紅葉時の写真が多数掲載されていて期待していたのですが、庭園としての侘び寂び感が希薄で肩透かしでした。

f:id:saetta0404:20190705200933j:plain

f:id:saetta0404:20190705200951j:plain

f:id:saetta0404:20190705201011j:plain

f:id:saetta0404:20190705201032j:plain

雨雲ズームレーダを確認すると、まだ雨の心配はないようです。それではと門前の土産物屋兼食堂に入り、手打ち蕎麦を食べました。蕎麦は、美味しかったのですが、つけ汁のパンチが不足していて、ちょっと残念。

14:20@古峯神社を出発。日光まで残り30kmです。

f:id:saetta0404:20190705201107j:plain

r58は白い紫陽花が多い気が、、、

14:32@大鳥居の下を通過。日本全国、鳥居が巨大化していく傾向がありますね。

f:id:saetta0404:20190705201233j:plain

古峰神社 大鳥居

r58に沿って流れる大芦川も清流です。鮎釣りのシーズン、平日でもそれなりの釣り人を見かけました。

f:id:saetta0404:20190705201319j:plain

大芦川

輪行であれば、このまま大芦川沿いに下り、新鹿沼から東武日光線で帰宅なのですが、私は車を停めた日光へ戻らねばなりません。ルート作成時に、最後は500mほどの山越えになると分かっていましたが、それほど気にしていませんでした。が、これが何ともこの日一番苦しい区間となりました。

f:id:saetta0404:20190705204203p:plain

14:42@草久で左折し、日光への山越えがスタートします。誤算だったのは、単純に一山超えるのではなく、ピークを4つ超えなければならなかったことでした。疲れた体でのアップダウンに泣きが入りました。実際は、ピークがいくつあるかなど分かっていなかったので、これが最後の上りと頑張りホッとしてダウンヒル、するとその先に次の上りが現れて ガ〜ン!と精神的に痛めつけられました。

16:23@ようやく日光の街並みが見えた時には、何とも嬉しかったです。

f:id:saetta0404:20190705201415j:plain

帰還

16:32@日光運動公園に帰還。雨に降られずライドを無事終了。梅雨の曇り空の下での一日でしたが、リフレッシュ効果の大きな貴重な一日となりました。

走行距離:78.7km、獲得標高:1,833m、消費エネルギー:2,150C

梅雨ですね〜

週間天気予報は傘マークのオンパレード。まさに梅雨なのですが、梅雨前線が停滞して雨がシトシト降り続くという従来のパターンとは少し違う感じがします。これまで、梅雨前線の位置から北上すれば走行可能な場所をなんとか発見できましたが、今年は梅雨前線の北側も南側も不安定で、いつ雨が降り出すかわからない状況です。先週も、金曜夕方までは山梨は一日中曇マークだったので遠征準備を進めたのですが、就寝前に天気予報を最終確認すると傘マークが付いてしまい断念ました。もはや、X時からY時なら大丈夫?と雨雲ズームレーダでチェックして近場を巡るしか手がありません。先週日曜日は、10時頃までなら大丈夫と、6時前にスタートしてサクッと鎌倉を巡ってきました。狙いは、季節の花、紫陽花です。

続きを読む

2019-御荷鉾スーパー林道(みかぼ森林公園-大仁田ダム)

週末の天気が今ひとつ、ならばと休みを取って平日ライド(6/14)を行ってきました。木曜日に休めれば最高の天気を満喫できたのですが、休みを取得できたのは金曜日。薄曇りで景色的には残念でしたが、ハードなライドをするには、涼しくてよかったかな。

現在、装着しているタイヤはグラベルキング。未舗装路に行かない手はありません。今年の本命は、久しぶりに通行止解除となった中津川林道ですが、待ちかねた皆さんが殺到していて、かなり慌しい様子です。それ以前に、18kmに及ぶロングダートを私が走りきるには、それなりの事前準備も必要です。

それではどこへ行きましょうか?

栗原川林道、田代山スーパー林道といった有名ロングダートも現在通行止、奥鬼怒スーパ林道はさすがと遠い。となるとここしかありません。

f:id:saetta0404:20190616230224j:plain

初夏の御荷鉾スーパー林道
続きを読む

天気に翻弄された大血川林道+県道薄小森線

いよいよ梅雨入り、週末の天気にヤキモキするシーズンとなりました。土曜日と日曜日の天気予報を見比べて、どちらが雨の確率の低いか、何処が晴れているかと考え、迷うのです。そして、雨上がりの土曜日の早朝、関越自動車道秩父へと向かいました。

8:05@埼玉県小鹿野町にある道の駅「両神」をスタート。徐々に雲が切れ、青空が見えてきました。今日は、大血川林道で三峰神社(標高1,102m)を目指します。この林道も昨年は通行止の期間があり、手付かずとなっていた道の一つでした。

f:id:saetta0404:20190609155430j:plain

道の駅両神
続きを読む

好景観&極上グラベルと悶絶激坂の南ヶ岳林道

完全に出遅れた春のシーズン、嶺方峠、安倍峠と、これまで訪れたことのない峠に狙いを絞って走っていますが、第三弾は、観音峠と木賊峠に照準を当てていました。いつものように、皆さんのブログから情報収集を行なっていると、林道ツーリングの有名ブログ(林道ナレノカワ線)の記事が目に止まります。そこには、観音峠へ至る好景観未舗装林道として南ヶ岳林道が紹介されていました。久しぶりのグラベルとなるので少し不安でしたが、路面状況は良好のようです。これは行くしかありません。すぐにルートを引こうとしたのですが、、、

南ヶ岳林道ってどこにあるの?

山梨県林道通行規制情報のページにも、南ヶ岳線という林道はありません。地図上にもそれらしき道がありません。ブログの記事から林道前山大明神線と接続していることは分かったので、Googleマップを衛星画像に切り替えてそれらしき痕跡を探索、南ヶ岳線と思われる道筋をようやく確認できました。距離9km、標高差450m、平均斜度5%、なんとかなりそうです。衛星画像を頼りにルートをトレースしてガーミン用のデータを作成しました。

続きを読む

富士川から安倍川へ、豊岡梅ヶ島林道を行く。(後編)

saetta0404.hatenablog.com

15分程休憩の後、路面に積もった砂に後輪を空転させながら再スタート。もっとゆっくりしたかったのですが、メマトイにまとわりつかれ鬱陶しく、落ち着くことができませんでした。

標高1,000m付近から斜度が一段階アップした気がします。リフレッシュしたはずなのに脚が回りません。歩くようなスピードなので、メマトイもついてきます。

続きを読む