Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

天空散歩パートII:高山の花を楽しみながら標高2,000mの湿原を歩く

せっかくの三連休ですが、私の体力を大きく上回る猛暑です。とにかく標高の高い所に行くことしか考えられませんでした。自転車で行くことのできる標高2,000mオーバーのコースというのがありますが、まだ未体験のルートが四箇所あります。

  1. コマクサ峠(2,040m)
  2. 大河原峠(2,093m)
  3. 御嶽山 田の原(2,180m)
  4. 富士あざみライン(須走口五合目1,960m)

これをクリアするのも私の自転車ライフの大きな目標、今回は、コマクサ峠にチャレンジして、池の平湿原を散策してきました。

f:id:saetta0404:20180716222137j:plain

標高2,000mの湿原散歩

ゴールは、標高2,000mですが、スタート地点は標高1,000m、この猛暑では AM10:00 には 30℃ になりかねません。今回も、涼しいうちに標高を稼ぐ、先行逃げ切り戦術で対処します。早朝? 2:45 に自宅を出発しました。今回は、群馬県嬬恋村からコマクサ峠にアプローチします。

連休ですがこの時間帯であれば道は空いています。5:00@甘楽PAで休憩。まるで夕方のような日の出です。

f:id:saetta0404:20180716224757j:plain

碓氷軽井沢ICで上信越道を降りて、嬬恋村を目指します。軽井沢周辺で今日の食料を調達をする計画だったのですが、ここで大きな問題に直面しました。

コンビニが、まだオープンしていません!

この辺りのコンビニの営業開始時間は6:00からのようで、どこもまだ開店準備中でした。北軽井沢まで進んだところで、ようやく6:00となり、無事に食料と飲料の調達完了です。

7:00@今日のベースの嬬恋村運動公園をスタートしました。気温は21℃、超快適です。スタート地点の標高は940m付近ですので、コマクサ峠まで高度差1,100mのヒルクライムです。

f:id:saetta0404:20180716224852j:plain

まずは、嬬恋パノラマラインを目指して県道235号線をゆっくり上ります。

7:26@パノラマライン南コース入口(標高1,100m)に到着。パノラマラインの案内標識が3つもありますので、間違えようがありません。パノラマラインを走るのは6年ぶり二回目です。「間違えようがない」と偉そうなことを言っていますが、実は6年前、この南コースでコースミスを犯し、キャベツ畑の中を彷徨い、最終的には群馬長野県境の鳥居峠に到達したという大ポカをやらかしています。

f:id:saetta0404:20180716224913j:plain

キャベツ畑と浅間山というのが、この高原道路のシンボル。キャベツ畑のど真中を走るので日陰はありません。アップダウンも多いので、夏の日中は体力の消耗が半端ないと思われます。狙い通り、この時間帯であれば、まだ気持ち良く走れました。

f:id:saetta0404:20180716224943j:plain

「パノラマライン」といかにも観光道路の名前ですが、元々は浅間広域農道、この道の主役はこの車両です。農作業に日曜日は関係ないようで、トラクターだけでなく農業用の車両が行き交います。

f:id:saetta0404:20180716225003j:plain

8:00@村道鳥居峠車坂線との交差点(標高1,200m)。今日は、ここを左折して、村道鳥居峠車坂線で、12km先の車坂峠(標高1,973m)を目指します。

f:id:saetta0404:20180716225035j:plain

左折すると避暑地のようなカラマツ並木でした。

f:id:saetta0404:20180716225053j:plain

種苗管理センター 嬬恋農場

雰囲気が良かったのは最初だけで、すぐに平均斜度8%の上り坂となります。しかし、森の中の道だったので、暑さは気になりません。

8:29@未舗装路登場。そうなんです。写真の通り村道鳥居峠車坂線はダートなんです。

f:id:saetta0404:20180716225117j:plain

事前の情報収集で、このダートの写真を何枚か見ましたが、丹沢のようなガレガレというわけではなく、走りやすそうな路面に見えました。タイヤの選択を迷いましたが、グラベルキングSKを使わずとも走れそうです。仮にガレガレ区間が存在しても、押せばなんとかなるだろうと、タイヤはグランプリ4S-28Cでこの峠にチャレンジすることにしました。しかし、「この道を自転車で下りました」というブログ記事はあるものの、「上りました」という記事は皆無です。なんでだろう?と少し気になったのですが、タイヤを交換するのは面倒だったので目を瞑りました。 (^^;; 

未舗装区間を50m走った時点で、

こりゃ、まずい!

と気付きます。

f:id:saetta0404:20180716225140j:plain

このダートには細かい砂利(砕かれた石)が大量にばらまかれています。砂利が堆積したところでは、慎重にペダリングを行わないと、リアがズリズリズリっと流れます。ガレガレの林道でもリアが流れますが、流される量がこれまでに比べて大きいのです。どうやら砂利のサイズが小さいので、滑り始めると止まらないようです。これまでに経験したことのない路面状況でした。この路面を攻めるにはグラベルキングSKのようなブロックタイヤが必要でした。

8:41@ヨロヨロしながら1kmほど進むと斜度が一段階アップしました。必然的にペダルを踏み込んだところ、

ズ、ズ、ズ、ズ、ズテーン!!!!

見事にリヤが流れ、なすすべなく転けました。これまで、危機一髪で転倒を免れてきましたが、ついに起こるべきことが起こりました。

f:id:saetta0404:20180716225159j:plain

カーブの処で転けました!

倒れた自転車を起こしながら、どうするかを考えます。このままの進めば、また転けるのは必然です。今回はリアディレーラも無事でしたが、次は致命的なダメージを負うかもしれません。押し歩きするとしても、車坂峠までまだ10kmはありそうです。

このルートは、グラベルキングで再挑戦しましょう。

撤 退 !

標高1,394m地点でした。そうと決めたらささっと戻ろうと下り始めたのですが、下りもズリズリで、ドキドキハラハラでした。

そもそも、地蔵峠から湯の丸高峰林道でアクセスするのが、嬬恋村からコマクサ峠への標準ルートです。はじめから、こちらを選択するべきでした。

9:16@再びパノラマラインを走って県道96号線(東御嬬恋線)との交差点に出ました。ここを左折して地蔵峠へ向かいます。200mの高度ロスと1時間のタイムロスだけでなく、気温がグンと上昇したのが痛いです。

f:id:saetta0404:20180716225228j:plain

鹿沢温泉を抜けると湯尻川沿いの林間の道となりました。木陰を走っている分には快適なんですが、、、

f:id:saetta0404:20180716225256j:plain

9:34@標高1,400mを突破し、失った高度を取り戻しました。気づけば、スタートして2時間以上経過しています。そろそろ休まねばと休憩場所を探していると、湯尻川に降りる道を発見しました。

f:id:saetta0404:20180716225322j:plain

涼しい渓流べりで腰を下ろし、エネルギー補給。今回、暑さ対策にクラーバックを使ってみました。おにぎりも傷みやすいので塩むすびと梅ぼしをチョイスしています。

f:id:saetta0404:20180716225340j:plain

休憩してリフレッシュと行きたいところでしたが、ここからが辛かったです。斜度もジワジワとアップしてきましたが、何と言っても暑さが堪えました。

10:12@鹿沢温泉紅葉館の先に「第百番 千手観音」がありました。番号付きのお地蔵様ということは、地蔵峠にあるだろうお地蔵さんがNo.1とすると、、、

え〜、まだ99体もあるの〜〜〜

50m毎に1体あるとしても、5kmはあります。一気に疲れが吹き出しました。

f:id:saetta0404:20180716225359j:plain

お地蔵さんの隣にある案内板には、

長野県東御市新張から地蔵峠を越えて、嬬恋村田代の鹿沢温泉までの道沿いに、江戸時代から明治にかけて、一丁おきに百体の石造観音仏が建てられ、「丁石百体観音像」と呼ばれています。

と書いてありましたが、全然読んでいませんでした。とにかく先へ進むしかありません。長期戦覚悟で、日陰を求めて走ります。

10:33@林道桟敷山線の分岐(標高1,600m)を過ぎると、道は素晴らしい高原スカイラインへと変身しました。でもね、

日陰がどこにもないんです!!

f:id:saetta0404:20180716225429j:plain

九十九折れの道を上った所でようやく見つけた貴重な木陰で一息つきました。

f:id:saetta0404:20180716225453j:plain

次の写真は、帰路に撮影したものですが、本来は素晴らしい高原の快走路なんですよね。

f:id:saetta0404:20180716230945j:plain

10:51@宿泊施設もあるスキー場のリフト乗り場に到着。木陰のベンチを見つけて、ホット一息つきました。

f:id:saetta0404:20180716225518j:plain

自動販売機があり、冷たい水をゲットできたので、予備に持っていた水を首筋にジャバジャバかけました。

超気持ちいい〜

生き返りました。実は、ここが湯の丸高原(1,732m)であり、地蔵峠なのですが、私は全く気づいていません。

11:03@お地蔵さんの番号をチェックすると、まだ八十番です。先は長いなと思いながら出発しました。

f:id:saetta0404:20180716225546j:plain

アレレ、道が急激に下り始めます。案内標識にも、東御、小諸、上田の文字が並んでいます。100mほど進んで、これはおかしいとGoogleマップをチェックしますが、圏外です。コースミスして痛手を負う前に誰かに聞こうと、スキー場に引き返しました。

スキー場へ戻ると、ビジターセンター横に「池の平4km」と書かれた大きな標識と、先へと続く1.5車線の道がありました。5分前にちょっとだけ首を左へ振っていれば発見できたはずですが、疲れて視野が狭くなっていたようです。そして、ようやくこの場所が地蔵峠であることを認識しました。ここが地蔵峠ということは、この1.5車線が湯の丸高峰林道です。残り4km、なんとかなりそうな気がしてきました。

11:25@標高1,700mを越え、さすがと暑さが少しソフトになってきましたが、湯の丸高峰林道は、そう甘くありませんでした。平均斜度8%の上りが延々と続きます。交通量は多くありませんが、時々観光バスも通ります。

f:id:saetta0404:20180716225612j:plain

標高1,800m地点の日陰で休憩

11:37@標高1,900m地点の地蔵峠を見下ろすリフト乗り場。案内板によると、正面に見える山が、湯の丸山(2,105m)です。

f:id:saetta0404:20180716225638j:plain

11:53@ガーミンの表示は、ついに標高2,000m。ゴールは近いはずですが、一息入れなければ進めませんでした。

f:id:saetta0404:20180716225702j:plain

カーブの先はラストの斜度10%区間でした

12:02@ヘロヘロの状態で、コマクサ峠(2,040m)に到着しました。連休ですので、そこそこの人出です。

f:id:saetta0404:20180716225724j:plain

爽やかな風の吹く木陰のベンチで再び水浴びすると、一気にクールダウンできました。残りのおにぎりと菓子パンでエネルギーを充填し、天空散歩の準備完了です。

12:21@案内図を確認し、池の平湿原へ向け出発。90分ぐらいの周回コースです。

f:id:saetta0404:20180716225811j:plain

コマクサ峠から5分ほど降ると、広々した草原に出ました。

f:id:saetta0404:20180716225845j:plain

f:id:saetta0404:20180719224609j:plain

遊歩道を時計回りに開放口へ向かいます。標高2,000m、これだけの日差しを浴びても暑くはありません。高山植物の写真を撮りながら、暢んびり歩きました。

f:id:saetta0404:20180716225922j:plain

開放口からは、小諸、東御方面が望めますが、霞んでいます。

f:id:saetta0404:20180716225955j:plain

f:id:saetta0404:20180716230015j:plain

湿原を半周してから、三方ヶ峰へ登ります。

f:id:saetta0404:20180716230054j:plain

13:01@稜線に出ると、ご覧のような柵が設けられていました。高山植物を保護するために柵です。

f:id:saetta0404:20180716230118j:plain

ここに高山植物の女王コマクサの群落があるはずなのですが、、、

f:id:saetta0404:20180719225818j:plain

目一杯望遠にして、トリミングをかけて、ようやくこの大きさです。すでに、ピークを過ぎてしまった感じがありますが、初めて実物を見ることができました。

f:id:saetta0404:20180719225844j:plain

13:06@三方ヶ峰頂上です。

f:id:saetta0404:20180716230149j:plain

頂上からの眺めは、先ほどの開放口の数倍でした。楽な登山ですので、ここまで来るのはお勧めです。

f:id:saetta0404:20180716230225j:plain

二週前に訪れた美ヶ原がうっすらと見えます。

f:id:saetta0404:20180716230307j:plain

北アルプスのシルエット、3,000m級の山並みは壮観でした。

f:id:saetta0404:20180716230446j:plain

13:20@三方ヶ峰から湿原へ降ると、鏡池です。水面に雲が写り込んだ絵を撮りたかったですが、そう簡単には行きません。

f:id:saetta0404:20180716230512j:plain

f:id:saetta0404:20180716230538j:plain

池の平湿原では、アヤメと菖蒲を見ることができましたが、現地では違いが全く分からず撮影していました。帰宅して色々調べてようやく違いを理解できました。

そもそも、菖蒲(ショウブ科)と花菖蒲(アヤメ科)は、別の花で、池の平で咲いていたのは、ノハナショウブでした。さらに、アヤメは日当たりの良い乾いたところに生育、ショウブは湿地に生育するそうです。確かに、乾いた開放口にアヤメの群落があり、鏡池付近にノハナショウブの群落がありました。さらに花弁の根元の模様も両者で異なります。

f:id:saetta0404:20180716222236j:plain

アヤメ、花弁の根元に白い筋

f:id:saetta0404:20180716222302j:plain

ハナショウブ、花弁の根元に黄色い筋

湯の丸高峰林道は、この先車坂峠まで続いています。そして、コマクサ峠、車坂峠間は、有名な良質未舗装路です。本来であれば、この区間を走らない理由はないのですが、車坂峠から嬬恋村へ戻るには、あの村道鳥居峠車坂線をダウンヒルしなければなりません。しかし、今日のタイヤでは、このダウンヒルが危険なことを体験済みです。それでは車坂峠を往復できるかと言うと、とてもそんな体力、気力は残っていません。村道鳥居峠車坂線にリベンジに来ることを誓い、13:47@コマクサ峠を後にしました。

f:id:saetta0404:20180716231453j:plain

いま思えば、100mでも、200mでも、このダートを走るべきだったと少し後悔

地蔵峠まで下り、ようやく見つけた記念撮影のポイントが、この場所でした。

f:id:saetta0404:20180716231535j:plain

高原の売店で購入したソフトクリームを食べて一息入れ、14:15@地蔵峠を出発。15:00には、自転車を車に積み込んでいましたから、やはり下りは早いです。

今回の遠征も計画通りには進みませんでしたが、無事生還&十分すぎるほど楽しめたので、結果オーライとしましょう。

 

走行距離:54.3km、獲得標高;1,549m、消費エネルギー:1,927kcal

 

番外編:池の平湿原の花々

f:id:saetta0404:20180716222405j:plain
f:id:saetta0404:20180716222510j:plain
左:マルバダケブキ 右:ニッコウキスゲ
f:id:saetta0404:20180716222426j:plain
f:id:saetta0404:20180716223319j:plain
左:シシウド 右:ウスユキソウ
f:id:saetta0404:20180716222555j:plain
f:id:saetta0404:20180716222849j:plain
左:ヤナギラン 右:オダマキ
f:id:saetta0404:20180716222803j:plain
f:id:saetta0404:20180716222829j:plain
左:ワレモコウ 右:ウツボグサ
f:id:saetta0404:20180716222713j:plain
f:id:saetta0404:20180716222741j:plain
左:ハクサンフウロ 右:カワラナデシコ
f:id:saetta0404:20180716222916j:plain
f:id:saetta0404:20180716222937j:plain
左:ノアザミ 右:シャジクソウ

 

 

 

長い夏に備えて耐久力を鍛えるライド

昨年に続き、今年もまた集中豪雨で大きな被害が出てしまいました。いつも私が走っているような山間の集落や道路が、ここまで破壊されるのかと驚くばかりです。被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。それにしても、線状降水帯とか、記録的短時間大雨情報とか、明らかに20世紀には聞かなかった言葉は、地球環境の変化が加速度的に進んでいることを感じさせます。真剣に考え、取り組んでいかないと駄目だと思うこの頃です。

関東地方は、蒸し暑い曇り空の週末を迎えました。この天気では絶景は期待できないため、今週は、「暑さ」への耐久力強化を目的とするライドとしました。100km先の山中湖が目標です。まぁ、疲れたら輪行で帰宅すればいいさ!という軟弱な企画です。2015年7月にも、このチャレンジを遂行したのですが、その時は暑さにノックアウト負け、山中湖を目前にして須走で撤退した苦い思い出があります。

天気予報を確認すると時間とともに太陽が顔を出しそうです。前回の教訓を生かし、4:30@日の出とともにスタートしました。薄日の射す曇り空、十分に走れるコンディションです。

5:53@江ノ島。雲が多いながらも富士山が見えています。いつもはここでトイレタイムなのですが、水分は汗と化しトイレはパスです。

f:id:saetta0404:20180709224939j:plain

今週のライドには、もう一つ目的がありました。バイクパッキング用のサドルバッグのテストです。導入したのは、アピデュラ ドライサドルバッグ 9Lです。当初、ダボ穴がある自転車なのでリアキャリアを装着しようと思ったのですが、キャンプツーリングするわけではないので、バニアバッグの容量は必要がありません。最終的に機動性重視でバイクパッキング用サドルバッグを選びました。大きめのグランジ輪行袋、ウィンドブレーカー、タイヤチューブなどを入れたツールボックスなどを詰め込んだら、こんなシルエットになりました。まだ、入浴用具と夏用着替え一式程度であれば入りそうですが、一泊するとなると9Lでは少し容量不足かもしれません。

f:id:saetta0404:20180709225024j:plain

6:36@大磯海岸。今日は消耗戦となることを見越し、R134は体力温存で巡航しました。ここまでの走行でサドルバッグの影響は全く感じません。唯一、乗降の際に短い脚を今までより高く上げる努力が必要なことくらいです。サドルバッグのおかげでバッグパックから解放され、いつもより背中が涼しいです。

f:id:saetta0404:20180709225104j:plain

いつも通り、大磯のコンビニで、最初のエネルギー補給(おにぎりとホットドッグ)をします。この暑さでは、食中毒が心配です。今日のルートには、コンビニが点在するので補給食は持たずに旅することとしました。

7:34@国府津の少し先の親木橋交差点を左折、国道1号線から県道717号線に入ります。段々と雲がなくなってきました。

f:id:saetta0404:20180709225155j:plain

7:52@関東地方もそれなりに雨が振りましたので、酒匂川も濁っています。

f:id:saetta0404:20180709225238j:plain

酒匂川CRのお気に入りポイントです。田んぼの緑が眩しいです。

f:id:saetta0404:20180709230619j:plain

開成水辺スポーツ公園を過ぎると山北へ向けての一本道となります。この区間、舗装路(CR)と未舗装路が並走しています。当然ながら、こっちを走りました。

f:id:saetta0404:20180709230209j:plain

8:29@岩流瀬橋を通過。この場所はなんども通過していましたが、岩流瀬を「がらせ」と読むことに初めて気がつきました。すでに自宅から60km以上走っていますが、まだ標高60m程度なんです。ここから40km、1,000mのヒルクライムが必要です。

f:id:saetta0404:20180709230658j:plain

8:46@交通量の多いR246を避け、樋口橋交差点の先から県道76号線に入ります。山間は、まだ、雲に覆われていました。

f:id:saetta0404:20180709230718j:plain

8:59@谷峨の手前から県道727号線を利用します。K727に入ってすぐに小さな滝があるのですが、晴れた日はコントラストが激しくて、まともな写真を撮れたことがありませんでした。今日は、曇り空で低コントラスト、水量もありようやくお見せできるレベルに写りました。風が吹くと冷やっとした空気が体に当たり、気持ち良い場所です。

f:id:saetta0404:20180709230737j:plain

東名高速谷峨高架橋は、定番の撮影ポイントです。この辺りからポツリポツリと雨が降り始めました。

f:id:saetta0404:20180709230801j:plain

山北町清水橋から小山町白岩までは、どうしてもR246を走らなければならい区間です。雨が本降りにならないことを祈りながら、先を急ぎました。なんとか白岩交差点のコンビニに辿り着き、雨宿り休憩とします。また9:30ですが、起床後5時間を経過しているわけで、通常ならばお昼の時間です。雨が止むのを待って、Eat inで昼食とすることにしました。

9:50@程なく雨も止み、県道394号線を走り始めると、富士山が見えてきました。高度1,000m付近に雲があり、その上のゾーンには雲がないという、特殊なコンディションです。

f:id:saetta0404:20180709230823j:plain

駿河小山駅を過ぎると上りが本格化します。標高は、まだ200m、先は長いです。2015年の時は、この区間で強烈な太陽光線を浴びてギブアップとなりました。もの凄く苦しいヒルクライムだった記憶があるのですが、今回走ってみると平均斜度は5%程度、極々普通の上り坂でした。今日は、山中湖まで到達できそうです。

10:19@小山町吉久保付近。クッキリ富士山頂が見えています。

f:id:saetta0404:20180709230849j:plain

吉久保で県道151号線に入り、須走を目指しますが、斜度5%が延々と続き、急速にエネルギーの残量がゼロに近づいて行きました。強烈な上りがないのに、体力を吸い取られました。

11:19@最後に200mほどの斜度10%区間をクリアして、ようやく須走(標高730m)に到着。余裕を残して到達できると踏んでいたのですが、ヘロヘロです。

f:id:saetta0404:20180709230911j:plain

 11:42@須走のコンビニで籠坂峠アタックのための休憩をタップリ取り、レッドブルで元気を注入して出発しました。

浅間神社を通過すると、須走交差点の信号機は「青」に変わり、籠坂峠ヒルクライムが唐突にスタートしました。

f:id:saetta0404:20180709230930j:plain

籠坂峠からのダウンヒルの経験はありますが、ヒルクライムは今回が初めてです。どのくらいの斜度だったか、今ひとつ記憶にありません。とりあえず、斜度5%程度の上りが続きますが、いつ斜度が跳ね上がるのかと戦々恐々としています。斜度5%でも、もはや軽いギアでしかペダルを廻せず、スイスイと上って行く何台ものロードバイクに追い抜かれます。自衛隊で演習をやっているのか、

ダ!、ダ!、ダ!、ダ!、ダ!

ド〜ン!!

と機関銃や大砲の音が聞こえました。

12:16@なんでもないところで、緊急停止して記念撮影。

f:id:saetta0404:20180709230956j:plain

 

とても珍しいことが起こりました。

100km、1,000m 記念です!

すみません、休む口実にしました。^^;

 

f:id:saetta0404:20180709231014j:plain

恐れていた斜度のアップはなく、斜度5%のまま、最後のヘアピンカーブを回ります。

f:id:saetta0404:20180709231029j:plain

12:30@籠坂峠(標高1,104m)に到着。お隣の三国峠の激坂ぶりとは対照的なマイルドな峠でした。そのマイルドな峠に、50分もかかるとは、、、

f:id:saetta0404:20180709231050j:plain

f:id:saetta0404:20180709231110j:plain

山中湖へ下って昼食とします。疲れて、グルメを求めてお店を探す気にもなりません。観光客向けのうどん屋で済ませました。

食後に湖畔でまったりします。山梨側からは、富士山は見えません。今日は、絶景ゼロのライドとなりました。

f:id:saetta0404:20180709231136j:plain

もう十分に疲れたので、御殿場から輪行することにしますが、そのためには籠坂峠まで上り返さねばなりません。憂鬱だな〜と思っていましたが、静かな林間の道は、この日で一番心地良い区間でした。

f:id:saetta0404:20180709231155j:plain

13:53@籠坂峠ダウンヒル開始。

14:05@あっという間に須走に到着しましたが、なにやら人がたくさんいます。自衛隊富士学校のイベント開催日で、ちょうど終了したところに遭遇したようです。富士学校方面からぞろぞろと人波が押し寄せてきます。

f:id:saetta0404:20180709231217j:plain

その影響か、御殿場方面へは、車の流れが悪くなっていました。仕方ないと御殿場は諦め、往路に走った道をダウンヒル、結局、山北駅から輪行で帰宅しました。

とりあえず、山中湖100km、耐久力強化という目標は達成しましたが、この企画は失敗です。さて、連休はどうしましょうか。

走行距離:141.5km、獲得標高:1,521m、消費エネルギー:2,788kcal

夏ライド、美ヶ原高原を横断、絶景の連続でした。

美ヶ原高原を横断すると決めたのですが、実はどんな道を行くのか、よくわかっていません。Google Mapの衛星写真では、二次元的にしか確認できません。後は、

  • 東は山本小屋、西は自然保護センターが起点
  • 歩行区間(自転車は押し歩き)
  • 王ヶ頭がコース上の最高地点(2,034m)
  • 王ヶ鼻(絶景ポイント)へはちょっと寄り道が必要

などの断片情報があるのみでした。

f:id:saetta0404:20180706195832p:plain

続きを読む

夏ライド、標高2,000mを目指して美ヶ原高原へ

当初、梅雨の中休みの晴れ間を狙って実行するつもりだったのですが、突然の梅雨明けで、2018年の夏ライド第一弾となりました。目的地は、高原道路の定番、美ヶ原高原です。

f:id:saetta0404:20180703224528j:plain

涼しさを感じられる景色です!
続きを読む

6月の走行記録。梅雨明けしてしまいましたね!

大井川源流域から戻ると予想通り梅雨入りとなり、週末の天気と相談しながら近場をブラブラしています。春のシーズンに予定した未舗装路は一通りクリアしたので、タイヤをグラベルキングSKからグランプリ4シーズンに交換。この交換作業は、タイヤが嵌らず難航、前輪を交換するだけで掌にできた豆が潰れて作業ストップ。一週間がかりの大仕事となりました。こんなことで、路上での修理ができるのか不安になります。

続きを読む

東俣林道で大井川源流域へ

6月3日(日)、梅雨入り前のラストチャンスを捉え、オクシズ東俣林道へ大井川源流域を巡る探検に行ってきました。

f:id:saetta0404:20180606223727j:plain

続きを読む

東俣林道番外編;オクシズへの道

今年の春シーズンも最終盤です。兼ねてから、シーズンラストは冒険に行くぞ!と、候補地をリストアップして情報収集してきました。そして、最終的に行き先として選んだのは、静岡最北部(通称オクシズ)大井川源流に位置する東俣林道です。畑薙第一ダムから二軒小屋までの、延長26kmに及ぶ未舗装林道。ここに挑戦するためにグラベルロードを導入したようなものです。6月最初の週末は好天に恵まれ、梅雨入り前のラストチャンス、いよいよ決行です。

続きを読む