Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

恐怖のみかん畑ダウンヒル

待つこと3ヶ月、とうとう新車が到着しました。ということで、小春日和の日曜日(2/11)に、曽我の梅林までテスト走行をしてきました。先週から梅祭りがスタートしていますが、今年の尋常でない寒さの影響で開花が遅れているとニュースでも報じられています。一週間経過してどんな状況でしょうか?

9:31@いつもの江ノ島定点ポイントです。気になっていたフレームカラーは、落ち着いた色合いのシルバーでホッとしました。

f:id:saetta0404:20180212151619j:plain

久しぶりに暖かい日曜日、海にはたくさんのサーファーが浮かんでいます。

f:id:saetta0404:20180212151651j:plain

湘南大橋の上から海を見ると、河口に荒波が押し寄せていました。サーファーの皆さんのお目当は、この波だったようです。

f:id:saetta0404:20180212151711j:plain

クロモリフレームの乗り心地は、期待通りマイルド。さらに、今回タイヤを28Cにサイズアップしたので、ザラザラに荒たアスファルトの路面も苦になりません。さらにさらに、ホイールベースが3cm伸びたことで直進安定性が大幅アップ、これまでより安定して134号線を巡航できました。私のようなへなちょこライダーには、グラベルロードの方が合っているようです。

良いことばかりではなく、問題点もあります。新しい自転車のペダルはクランクブラザースのSPDです。4面キャッチ、これなら坂道発進も楽に行くだろうと考えて導入したのですが、、、

f:id:saetta0404:20180212152639j:plain

まだ馴染んでいないのか、着脱に苦労しています。特にはずす時が、Lookのビンディングより踵を大きく捻らなければならず、とっさの時に外れてくれないのでヒアヒアもんです。

サドルは、以前と同じ fi’zi:k アリアンテを選択したのですが、この6年間で大幅に進化していました。

ヴァーサスシリーズは、クッション部分が厚めで、中央に深い溝が入った構造が特徴。尿道など股間の中央部分への圧迫を和らげ、高い乗り心地を実現する。今回のモデルチェンジでは、ベースにパッドを直付けすることでさらなる軽量化を実現。サドル中央部にカーボンコンポジットを施することで坐骨部の強度を維持しつつ、フレキシブルなポジションでの衝撃吸収性を高めた。

とのことですが、クッション部分がだいぶ薄くなり、お尻の骨がサドルに突き刺さる感じがします。これで長距離を走れるのか不安だな〜。

f:id:saetta0404:20180212151751j:plain

11:20@自転車の感触を確かめながら国道1号線を走って梅祭りの会場に到着。かなりの人出です。

f:id:saetta0404:20180212151831j:plain

しかし、肝心の梅が、

 

まだ、咲いてませ〜ん!!

f:id:saetta0404:20180212151853j:plain

やはり今年の寒さは異常と思いつつ会場周辺の畑を巡っていると、五分咲きくらいの梅もありました。個体差がかなりあるようですが、満開になるのは来週以降ですね。

f:id:saetta0404:20180212151913j:plain

花のアップを撮影するのもひと苦労です。これぞ梅!という姿の花を撮影しようと探しますが、なかなか見つかりません。ようやく見つけた一輪です。

f:id:saetta0404:20180212151939j:plain

こちらは、蠟梅。蝋細工のような質感の花です。残念ながら、香りは今ひとつでした。

f:id:saetta0404:20180212152003j:plain

小春日和に誘われて続々と見物客がやってきます。ここに長居は無用と退散します。次の目的地は曽我丘陵、ロードでは厳しいかなと躊躇していた道を走ってみようと思います。

大井松田のあたりから「いこいの村」を目指してヒルクライム開始。斜度 6, 7%ならば、自転車の重量アップのハンデはそれほど感じません。

f:id:saetta0404:20180212152034j:plain

ひと上りすると松田の街、足柄の山並み、その後ろに富士山を望める一級品のカーブを通過しました。

f:id:saetta0404:20180212152101j:plain

12:26@いこいの村の先から農道?に入ります。尾根伝いに「やまゆりライン」に抜けて、中井経由で二宮に行く予定です。

f:id:saetta0404:20180212152126j:plain

最初は緩やかな尾根道、眺めも良くて、ルンルン🎵 と進みました。

f:id:saetta0404:20180212152152j:plain

林間区間に入ると激坂が出現します。最初は、15%、続いて、18%。いづれも30mほどだったので根性!で登り切りましたが、3つ目を見てギブアップしました。

写真では、激坂ぶりがわかりませんが、出だしが15%、ちょっと10%があってから18%、最後の10mは20%というスペックでした。自転車を押して登るのも大変で、心拍数150以上を記録します。

f:id:saetta0404:20180212152216j:plain

この曽我丘陵の道には、至る所に枝道がありました。下調べが甘かったので勘で進まざるを得ません。尾根筋であろう道を選択して進みました。

ようやく標識がある分岐が現れました。私の方向感覚では中井方面は左ですが、「中井中央公園は右」となっています。結果的に、ここが運命の分かれ道でした。

f:id:saetta0404:20180212152249j:plain

標識を信じて右に進むと14%の上りが待ち受けていました。秘密兵器のインナーロー34Tを投入して何とかクリアすると、十字路に出ます。が、標識がありません。直進の方が路面が良さ気だったので、そのまま進むとダブルトラックのような路面に変化。少なくとも車が通行できる道のようですが、舗装路の上に泥と落ち葉がたっぷり積もっています。右の轍の方が状態が良いのですが、昨晩の雨で路面はスリッピー、ひとたびバランスを崩せば即崖下です。最悪の事態は回避しようと、左のダート轍を選択して進みました。

f:id:saetta0404:20180212152311j:plain

道は次第に下り坂となります。ついには斜度10%超の下り坂です。時々リアがズッリッと流れて冷やっとします。枯れ枝が散乱していますが、下手に避けると転んでしまいそうです。何度か南無三!とタイヤを信じて乗り越えました。

ようやくダブルトラック区間を脱出。明るいコンクリート路面に出てホッとしたのですが、、、

 

あれれ、目の錯覚???

道は途切れ、その遥か先に街並みと海が見えます。とりあえず自転車を停めて徒歩で偵察に向かいました。

f:id:saetta0404:20180212152339j:plain

道は、ガードレールの先で急降下していました。これまで経験したことのない下り坂にビビリます。見えているのは小田原の町並みですから明らかにルートミスしています。あの十字路で曲がるべきだったのか?と思いましたが、あの場所に戻るにはダブルトラックもどきの斜度10%超と戦わねばなりません。

行くか、戻るか、、、

f:id:saetta0404:20180212152408j:plain

5分ほど迷った結果、ディスクブレーキの性能確認を兼ねて下ってみることにしました。

f:id:saetta0404:20180212152509j:plain

フルブレーキ状態でスピードを殺しながら、みかん畑の中を下って行きました。ガーミンはマイナス18%を表示しています。眺めは最高ですが、それを楽しむ余裕は全くありません。

f:id:saetta0404:20180212213246j:plain

1kmほど続いた恐怖のダウンヒルキャリパーブレーキだったら握力が無くなり、何度も休憩が必要になります。が、油圧式ブレーキの効果は絶大で、手のひらの疲れを感じずに下り切ることができました。

13:16@ダウンヒル完了、宗我神社のところに着地しました。中井方面に行くはずが、曽我の梅林に舞い戻ってしまいましたが、とにかく無事で何よりです。ホッとしたと同時に、ドッと疲れが出ました。

f:id:saetta0404:20180212152438j:plain

帰宅してからガーミンの走行記録を確認すると、「中井中央公園-右」の標識で左へ進むのが正解でした。どうやら標識は、不動山を経由して中井方面へ向かう山歩きのルートをガイドしているようです。

f:id:saetta0404:20180213200148j:plain

軽いテスト走行の予定が、ハードな機材テストとなりました。でも一番問題ありと判明したのは、ライダーである私自身です。本格的グラベルデビューに向け、まだまだ準備が必要そうです。

走行距離:121.1km、獲得標高:940m、消費エネルギー:2,354kcal

自転車乗り換えプロジェクト(2)

次のチャリとして Kona Roadhouse を選定したものの、2018年度は輸入されないことが判明し、プロジェクトが暗礁に乗り上げたところまで前回報告しました。通常であれば、対抗馬としてピックアップした GT Carbon や Merida SILEX のどちらにするかと考えることになるのですが、どちらもビビッとくるものがありません。GTはフォークの強烈な黄緑色が主張しすぎです。Meridaはフレームの形状が現在のSaettaとよく似ています。逆に、似過ぎていて面白くありません。

どうしたものかと悩んでいると、自転車屋さんから、

このフレームで組み上げるのはどうですか?

と提案がありました。Ritchey Outback です。確かに完成車を購入しても、ホイールは交換することになるので、価格差はそれほど大きくないのですが、、、

f:id:saetta0404:20180201214251j:plain

続きを読む

津久井湖北岸、久しぶりのロングライド

先週の南伊豆で充足されて、週末が近づいても気力が高まりません。行き先未定のまま週末に突入してしまい、さてどうしよう???です。近場でポタポタという選定基準でコースを探索し、津久井湖北岸に行ってみることしました。定番コースですが、今まで津久井湖周辺は素通りだったので、私には新鮮です。

続きを読む

紺碧の南伊豆(後編)

今回のコースの標高グラフは、こんな感じです。

f:id:saetta0404:20180120122228p:plain

石廊崎からアップダウンを繰り返すヒルクライムコースとなります。石廊崎から松崎まで区間で大小合わせて9個くらい(300m級④⑨、200m級②、150m級①③⑧、100m級⑥⑦、50m級⑤)の峠越えになりそうです。

続きを読む

紺碧の南伊豆(前編)

伊豆半島の外周一周、健脚の人は一日で周ってしまうのですが、私にはとても無理です。そこでコースを細切れにして地道にチャレンジしています。今回はその第三弾、半島最先端部の南伊豆です。天気に恵まれ、紺碧の世界を堪能することができました。

f:id:saetta0404:20180115203905j:plain

続きを読む

向かい風に真っ向勝負の荒川CR

昨年12月から今回のコース「荒川CRを森林公園まで走って、輪行で横浜へ戻る」の実行タイミング(=北風の弱い日)を狙っていました。そして1月7日(日)、満を持して決行したのですが、北西の風 3m〜4m の中を終日走り続ける苦行となりました。前日(北西の風 1m)がベストタイミングでしたが、完全に天気を読み違えました (ノ_-。)

続きを読む

椿ラインで2018年を始動

2018年は、1月4日より始動しました。箱根駅伝で交通規制が行われるために動きにくいことを理由にグズグズしていたのですが、もう一つに、ここへ行きたいという目的地が思いつかなかったのです。行きたいところは山ほどありますが、ほとんどが冬場はアクセスできません。冬場に走る事のできない地方の方からすると贅沢ですが、神奈川の海岸線は走り尽くしてしまって新鮮さが失われてしまいました。とわ言え、冬場にきっちり体を鍛えておかないと春のシーズンが楽しめないので、正月で重くなった体を動かすことにします。

f:id:saetta0404:20180105233727j:plain

謹賀新年:江ノ島からの富士山
続きを読む