Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

雨上がりの焼山沢真木林道

我慢できませんでした。梅雨の切れ間のワンチャンス、7/2(木)に山梨県は上日川峠まで行って来ました。2016年11月に訪れた焼山沢真木林道ルートの再訪です。当初、甘利山から北精進ヶ滝というルートを考えていたのですが、県道甘利山公園線が、7月末まで工事通行止めであることが判明して今回のルートに変更。やはり事前調査は重要です。

7:25@笹子トンネルの甲府側出口にある道の駅「甲斐大和」をスタート。久しぶりの青空ですが、前日夜半までは激しい雨が降り続いていたので路面状況が気になります。

f:id:saetta0404:20200703194122j:plain

まずは、県道218号線で天目山を目指します。初夏の日差しですが、昨晩の雨のおかげで路面からの照り返しはソフトです。このルートは3回目、はじめの10km、標高1,400mまでが厳しいことは、体にインプット済みです。

f:id:saetta0404:20200703194154j:plain

7:51@景徳院から日川渓谷レジャーセンターまでの12%区間第一弾を通過。きついヒルクライムでしたが、日陰は冷んやりするくらいの気温だったので、オーバーヒートの心配はありません。

f:id:saetta0404:20200703194236j:plain

8:05@第二弾の12%区間をクリアすると天目山トンネルです。真夏は、ここまで来るだけで消耗します。このトンネル内の冷気に救われた思い出があります。トンネル横には側道らしき道。山越えの旧道か?と思いましたが、地図で確認すると米背負峠という別の場所へと続いていました。

f:id:saetta0404:20200703194318j:plain

8:09@天目山温泉を通過すると林道焼山沢真木線の入口があります。このままr218を走れば上日川峠に至りますが、正直余り面白味のない道です。私のオススメは、焼山沢真木林道です。

f:id:saetta0404:20200703194337j:plain

オススメですが、斜度は林道の方が厳しいです。最初の沢を越えたところからいきなりこの林道の最大斜度となる15%の上りがスタートします。10%から15%が300mほど続きます。前回はペダルを廻すのだけで精一杯となり写真を撮る余裕はありませんでしたが、今回は激坂スタート前に記録しました。斜度は厳しいですが、路面は綺麗に整備されていてフラット、力の損失なく這い上がれました。渓流沿いの道なのでメマトイが煩わしいのが難点です。

f:id:saetta0404:20200703194358j:plain

上りきったところで、再び沢を越えますが、橋の上には大きな水溜り。この先の橋でも同じように水溜りができていたので、やはり昨晩はかなりの雨量だったようです。

f:id:saetta0404:20200703194422j:plain

12%区間が繰り返し現れますが、瑞々しい緑の中をピークは過ぎたハルゼミの声を聴きながらマイペースのヒルクライム、ストレスフリーです。とはいえ交通量はゼロではありません。山仕事の車と登山客の県外ナンバーの車が極たまに通過して行きます。かつては住居もあったようですが、全て廃屋、最後の住居跡は崩れかけていました。

f:id:saetta0404:20200703194447j:plain

2016年に走った時は、とても綺麗な路面だったのですが、この4年間で損傷を受けた箇所が多数ありました。このルートを下りで走る際は要注意です。

f:id:saetta0404:20200703194511j:plain

淡々とペダルを踏むことに没入し、意識があるような、ないような、ヒルクライムハイ状態。カラマツ林が姿を現し、植生が変化したことで意識が戻ります。標高1,400m、湯ノ沢峠登山道の入口を通過すると斜度が緩んで来ました。太陽が雲に隠れ日差しがなくなると空気が冷たいです。長袖アンダーが正解だったかもしれません。

f:id:saetta0404:20200703194531j:plain

左手に大蔵高丸(標高1,781m)が見えてきました。あの山はどこから登るのだろう?と疑問が湧きます。

f:id:saetta0404:20200703194555j:plain

9:18@休憩ポイントの東屋に到着。ここで上日川峠までの中間点です。この場所からは富士山や南アルプスの絶景を望めるのですが、残念なことに今日は雲の中でした。

f:id:saetta0404:20200703194619j:plain

東屋の日陰では汗が冷えます。少し日が当たるくらいの場所の方が快適な気温でした。エネルギー補給していると、汗のミネラルを求めて虫達が集まって来るので、虫除けスプレーを全身に噴霧して防御。多少は効果ありました。

東屋からはオープンな尾根筋を進みます。

f:id:saetta0404:20200703194641j:plain

上日川ダムが見えてきましたが、大菩薩嶺は雲の中です。標高1,600mまで来ると道は平坦な高原の快走路になります。

f:id:saetta0404:20200703194708j:plain

9:54@林道分岐点に到達。左方向は上日川林道起点です。右方向は焼山沢真木林道で、湯ノ沢峠*まで2kmの未舗装路が続きます。前回この場所を訪れた際は、普通のロードバイクだったので右方向に進むことは考えもしませんでしたが、今回の興味の対象は、2kmの未舗装路です。とはいえ、雨のシーズンのため最悪の路面状態が予想され、多分走れないだろうと、タイヤは舗装路用のコンチネンタルGP5000-32Cでやって来ました。

*湯ノ沢峠方面は、2020.07.06から07.15の期間、橋梁工事のため通行止です。

f:id:saetta0404:20200703194733j:plain

上日川林道起点

f:id:saetta0404:20200703194758j:plain

焼山沢真木林道:湯ノ沢峠方面

未舗装路のスタート地点を覗いてみると、路面状況は予想に反して良好。フラットダートの道には、水溜りもありません。これなら行ける!と判断し、今シーズン初となる未舗装路に突入しました。

f:id:saetta0404:20200703194820j:plain

とても走りやすい未舗装路でした。基本ダートで、斜度のキツイところに小ぶり砂利が敷かれています。湯ノ沢峠には登山向けの駐車スペースがあり、定常的にそれなりの数の車が行き来します。このため、路面がよく踏み固められているようです。

f:id:saetta0404:20200703194857j:plain

f:id:saetta0404:20200703194932j:plain

10:14@湯ノ沢峠駐車場。4台の車が駐車していました。トイレもあります。湯ノ沢峠周辺案内図を見て朝の疑問が解消しました。大蔵高丸は、ここから登るのです。次回はここから登山もありだなと思い、登山道を偵察して見ると、水溜りが多数見え、足元も悪そうでした。登山するのであれば、時期を選ぶ必要がありそうです。

f:id:saetta0404:20200703195036j:plain

10:29@往復30分ほどの冒険で上日川林道起点に戻って来ました。

f:id:saetta0404:20200703195010j:plain

今日のルートの最高地点は標高1,660m、上日川林道にあります。したがって、起点からしばらくは上り基調、その後、アップダウンを2つ繰り返します。

オレンジ色の蝶の姿が目に留まりました。ギンボシヒョウモンです。アザミが好物のようで、食事に夢中で近づいても逃げません。

f:id:saetta0404:20200703195110j:plain

大規模な伐採現場を通過。木材を運び出すためのワイヤーが複雑に張り巡らされています。

f:id:saetta0404:20200703195144j:plain

昨日の雨の影響で沢の水が溢れて洗い流し。思った以上の水を跳ね上げて、濡れてしまいました。

f:id:saetta0404:20200703195209j:plain

11:06@上日川林道終点。ここから再びr218を走ります。上日川峠までは残り5kmですが、一旦下って上り返すという、ちょっと意地の悪い仕様です。

f:id:saetta0404:20200703195235j:plain

11:29@上日川峠(標高1,585m)に到着、同時に雲が切れて陽が差してきました。2台のロードバイクが先着しています。県道201号線は通行止なので、r218を来られたようです。

f:id:saetta0404:20200703195312j:plain

平日ですが駐車場はほぼ満車、ロッジ長兵衛も営業中していました。おにぎりを食べながら、さてどうするかと思案します。時間的に大菩薩峠往復も可能ですが、雲が多く、せっかく登っても眺望は期待できません。何よりも、足元が悪いのは確実で、ドロドロになりそうです。明日も仕事、ここは無理せず、温泉に浸かって帰宅することに決定しました。

f:id:saetta0404:20200703195338j:plain

11:57@往路は薄暗い森でしたが、帰路は太陽が復活。ライトグリーンの美しい林間コースです。

f:id:saetta0404:20200703195403j:plain

往路で気になった林道土室日川線。入口は舗装路だったので偵察して見ると、50m先で未舗装路となっていました。迂闊に侵入できないタイプの林道のようですので、すぐに退散です。

f:id:saetta0404:20200703195428j:plain

f:id:saetta0404:20200703195450j:plain

4年前に植林されたばかりだった広葉樹の若木が成長し、食害防止のネットから枝を広げていました。ダムを隠すほどの森に成長するのには、まだまだ年月が必要そうです。

f:id:saetta0404:20200703195515j:plain

12:25@r218唯一のランドマーク上日川ダム。誰もいません。

f:id:saetta0404:20200703195539j:plain

ロックフィルダムの岩組の隙間にピンク色の花が咲いています。なんと高山植物の女王コマクサでした。人工的に植え付けを行なったものだそうですが、こんな場所で目にすることができるとは思っていませんでした。多くの株が、既にピークを過ぎていましたが、被写体を厳選して撮影しました。

f:id:saetta0404:20200703195603j:plain

4年前にも撮影した日川に掛かる橋の上からのショット。シャッタースピードを遅くした撮影がどうにも苦手なのですが、珍しく手ブレせずに撮れた自己満足の一枚です。

f:id:saetta0404:20200703195624j:plain

13:01@天目山の集落まで下って来ると前方に富士山が姿を現しました。この日は、昼頃から夕方にかけて天気が良くなって行ったようで、テレビのニュースでも三ツ峠からの夏の富士山を紹介していました。

f:id:saetta0404:20200703195649j:plain

13:12@時間に余裕があるので景徳院を少し探索。戦国の雄、武田家終焉の地が、この日川沿いの田野です。武田勝頼は、織田、徳川連合軍との戦いに敗れ、ここで自害しました。後年、その菩提をともらうために創建された寺院が景徳院だそうです。r218に面したところにあるのがその山門と思っていましたが、奥に、屋根の棟に武田菱があしらわれた立派な山門がありました。その他史跡が色々ありましたが、ここは武田氏滅亡のストリーを事前学習していないと、堪能できない場所かもしれません。

f:id:saetta0404:20200703195742j:plain

この後、天目山温泉で汗を流し、勝沼で桃を購入して帰路につきました。中央高速道もスムーズに流れ、18:00には帰宅。1個100円で入手した桃は、甘くてジューシー、奥様から大絶賛を頂くことができ、遠征は大成功に終了しました。

走行距離:49.3km、獲得標高:1,301m、消費エネルギー:1,378C

近場の未走ルート

週末はいよいよ遠征だ!と思っていたのですが、テストライドの翌日起床すると、腰から背中にかけて張りがあり、少し痛みます。この張りがその後二日経過してもスッキリしません。考えて見ると、下半身は走り込みで強化され、奥多摩周回も絶好調で走り切ることができたのですが、全く強化を行なっていない上半身の腹筋、背筋がその強度に対処できずに悲鳴を上げているようです。天気も今一つであり、ここで無理をする意味はないと鎌倉、逗子、葉山あたりで回復走を行うこととしました。しかし、いつものルートでは、面白くありません。そこで、これまで走ったことのない道を探検することとしました。

5:00@自宅をスタート。鎌倉街道を大船砂押橋で左折し、散在ヶ池森林公園の横の坂を上ります。予定では、鎌倉湖の写真を撮るつもりでしたが、まだ、公園ゲートがクロースしていました。そのまま今泉台の住宅街を抜け紫陽花を見に明月院に向かいます。

f:id:saetta0404:20200628103422p:plain

5:59@明月院門前には、早朝散歩の人のみ。明月院ブルーの紫陽花が有名ですが、今年はちょっと紫色がかった花の方が綺麗に撮れました。

f:id:saetta0404:20200625070811j:plain

明月院

鎌倉街道に復帰して、亀ヶ谷坂の紫陽花と長寿寺の庭園。

f:id:saetta0404:20200625070929j:plain

亀ヶ谷坂

f:id:saetta0404:20200625071001j:plain

長寿寺

未走ルートNo.1は、亀ヶ谷切通です。長寿寺から岩船観音へ通じる道で、鎌倉時代からの道のようです。写真ではうまく伝えられていませんが、えっ!と驚く斜度の下り坂でした。その後、鎌倉駅西側の今小路を走り抜けましたが、このルートを走るのは早朝故にできる技、日中は観光客の人混みで迷惑行為となります。

f:id:saetta0404:20200625071025j:plain

滑川からR134、逗子渚橋からr207という海岸線定番ルート。材木座海岸、逗子海岸と早朝からかなりの人出でしたが、6:52@葉山森戸海岸は散歩する家族づれのみ、静かでいい感じです。

f:id:saetta0404:20200625071120j:plain

未走ルートNo.2は、湘南国際村海側に位置する子安の里。以前から気になっていたこの看板のところを入っていきます。

f:id:saetta0404:20200625071148j:plain

少し上ると分かれ道、ちょっと悩んで右に進路をとりましたが、最終的にグルっと回って、左の道からこの地点に戻ってきました。

f:id:saetta0404:20200625071212j:plain

ちょっと厳しい上り坂が断続的に繰り返されます。民家と民家の間が上り坂という感じです。それを幾つか突破しましたがついにGive Up。短いですが斜度21%ありました。

f:id:saetta0404:20200625071241j:plain

斜度21%を過ぎると開けた場所に出ました。この辺りがピークのようですが、それほどの眺望があるわけでもなく、そのままダウンヒル開始。気付けば、先ほどの分岐に戻っていました。ここは自転車で楽しむルートではないというのが私の結論です。かつての里山の佇まいを見て、感じて、楽しむのがこのルートの本来の趣旨ですが、自転車で走るとヒルクライムにばかり気を取られてしまいます。

f:id:saetta0404:20200625071307j:plain

*帰宅後、調べてみると「軽部家の長屋門」、「庚申塚」など肝心のポイントを私は見逃していることが判明しました。

未走ルートNo.3は、湘南国際村山側に位置する上山田の棚田。湘南国際村タイムトライアルの際、斜度6%の長〜いストレートがありますが、その途中を葉山CC方面に曲がり、道なりに木古庭方面へ進みます。

f:id:saetta0404:20200625071336j:plain

突然、斜面に水田風景が現れました。確かに棚田です。米作コスト的には見合わない規模ですが、整備され、田植えが行われていました。日本の原風景を維持するべく地元の方々努力されているそうです。感謝!

f:id:saetta0404:20200625071401j:plain

未走ルートNo.4は、十三峠、本日のメインです。そもそも十三峠ってどこ?ですよね。葉山から横須賀に至る県道27号線と東京湾側の国道16号線の間には標高100m程の山並みが連なり、ちょっとした秘境となっています。ここを突破するルートがないのかと地図を眺めていた際に、この十三峠を発見しました。神奈川県立塚山公園付近の尾根筋に位置します。

f:id:saetta0404:20200628122507p:plain

Google Mapの衛星写真ストリートビューで確認すると、横浜横須賀道路の横須賀ICから横須賀市街へ伸びる支線の塚山トンネル付近まで側道が確認できます。その先も登山道のような道があり、塚山公園へ通じていそうですが、木々に覆われて道を確認できません。いざとなれば自転車を担いで突破できるだろうと探検してみることにしました。

8:34@横須賀IC入口。ここは基本的に行き止まりです。Google Mapで確認したルートを辿りさらに奥へ。

f:id:saetta0404:20200625071430j:plain

反対方向から山歩き姿の人が歩いてきたので、なんとかなりそうです。

f:id:saetta0404:20200625071519j:plain

8:39@ストリートビューで確認した行き止まり地点に到着。なんと森へと伸びる道は舗装されていました。それにしてもここまで調べ尽くすストリートビューは凄いです。

f:id:saetta0404:20200625071540j:plain

このまま山越えできるのかと思いましたが、すぐに階段が現れます。まぁ、想定の範囲内、ここからは担ぎです。そんなに急な階段でなく助かりました。

f:id:saetta0404:20200625071613j:plain

8:45@3分ほどの担ぎで暗い山林を突破。多分ここが塚山公園ですが、公園のどの辺りなのか見当がつきません。スマホを取り出し現在位置を確認し、公園内を移動します。

f:id:saetta0404:20200625071639j:plain

f:id:saetta0404:20200625071725j:plain

地図上の道路と思しき場所に出ましたが、その道幅は公園内の散策路と同じです。こんな離合困難な道でも時々車がやって来るので驚きです。道路を横断して直進すると「港の見える丘」とあるので行って見ましょう。

f:id:saetta0404:20200625071757j:plain

50m程先に展望台があり、横須賀港を一望できました。停泊する自衛艦がはっきり見えます。標高100mから見下ろす景色は、おすすめです。

f:id:saetta0404:20200625071824j:plain

公園に隣接して安針塚があります。この付近は、徳川幕府の外交顧問を務めた英国人ウィリアムアダムス(三浦安針)の知行地だったそうで、その没後に供養塔が建立されています。右が安針、左が妻ゆきのものだそうです。

f:id:saetta0404:20200625071907j:plain

安針塚の先が目的の十三峠のはずですが、それらしき標識はありません。とりあえず尾根筋のピーク付近で撮影した写真をアップしておきます。十三峠の由来等については、横須賀市のHPを参照してください。

f:id:saetta0404:20200625071931j:plain

尾根筋の道からJR田浦駅方面へダウンヒルしていきますが、その途中に道が渦巻き状のループとなっている箇所があります。ルートを作成している時から気になった場所でした。現地を見て、宅地を造成する際に、道路の斜度を緩和するために造られたであろうことが判明。パノラマで撮影してようやく2本の道をフレーム内に収めることができました。

f:id:saetta0404:20200625071955j:plain

苦肉の策で引いた未走ルート、全然期待していなかったのですが、思いのほか楽しめました。

腰の張りも無くなり、いよいよ遠征なのですが、こちらの都合と天気が合致せず、フラストレーションが溜まっています。

走行距離:68.7km、獲得標高:595m、消費エネルギー:1,281C

不安解消テストライド:風張峠、鶴峠、武甲トンネル

第二波がいつ到来してもおかしくない状況ですが、取り敢えずコロナもひと段落。さあ活動再開と思うのですが、気分はすっかり巣篭もりモード、遠出するのが面倒で重い腰が上がりません。自粛期間中の平日ライドで走行距離は自身過去最高レベルですが、長時間のヒルクライムや暑い日中の走行をほとんど行えていない点が不安材料です。こういった点を考慮して、不安解消テスト走行を企画しました。まずはヒルクライムを査定しようと、自粛前に挑戦して失敗した奥多摩周回にリベンジすることにします。直射日光のダメージを避けるために敢えて曇りの日を選択。天気予報と相談して6月19日(木)に実行しました。

続きを読む

自転車ライフのNew Normal

久しぶりの更新となります。緊急事態宣言の期間、皆さんはどのように過ごされたでしょうか?

私の場合、仕事は、テレワークから一時帰休へ進展し、一ヶ月間以上出社しないという30年以上のサラリーマン人生で初の経験をすることとなりました。そんな中での自転車ライフも変化しました。テレワークによる運動不足解消にテレワーク終了後の平日ライドを取り入れたのですが、走ってみると意外と車が多く、主要交差点では渋滞に巻き込まれます。ならばとテレワーク開始前の早朝ライドを試してみると、車は少なく、朝の冷んやりとした空気の中のライドは爽快です。すっかり日の出とともに起床する生活が定着しました。走行距離も、四月は800km、5月は900kmと月間の記録を更新しています。

続きを読む

静かなる非日常の箱根

在宅勤務も二週間が経過し、新たな生活リズムが形成されつつあります。運動不足解消のために夕方30kmほど自転車に乗ると、適度に疲れて夜は10時ごろには眠くなります。必然的に朝は5時には目覚めるという早寝早起き生活をしてます。

何となく曜日の感覚も薄れて来ていて、週末のロングライドは、区切りを明確にするためにも重要になって来ました。

7:04@江ノ島片瀬海岸。サーファーの数も散歩する人影も普段と変わりません。いやいや、普段よりも多いかもしれません。

f:id:saetta0404:20200420212258j:plain

続きを読む

伊勢原林道巡り

緊急事態宣言が発令されて在宅勤務がスタートしております。いざ在宅勤務を行ってみると、朝、パソコンの前に座ったきり、ほとんど動きません。会議すらパソコンの画面に向かって行うのですからエネルギー消費が極小となります。これはまずいです。在宅勤務が終了した時点で、肥満による別の病気を発症しそうです。運動不足解消が必須です。そこで、通勤が不要となって生じた時間で近所を1時間ほどサイクリングする毎日です。

週末のサイクリングも、外出自粛の効果を確保しなければなりません。人との接触を最小限にすることがポイントなので「ソロライド&自走」の制約を課しています。私の場合、いつもボッチライドですので、輪行NGがいつもとの違いです。自ずと目的地は神奈川県内となり、4月最初の週末は、伊勢原の林道をはしごしてきました。

続きを読む

目標未達の奥多摩周回:藤原峠、風張峠、梅ヶ谷峠

昨年は、春シーズンを目前にして頚椎を痛め、春のシーズンを棒に振りましたが、今年は体調はOK、暖冬のおかげもあって、そこそこ走り込めています。そこで冬シーズンの締め括りと体力テストを兼ねて、奥多摩周回獲得標高2,000mにチャレンジすることとしました。武蔵五日市を起点に、藤原峠→風張峠→鶴峠→甲武トンネル→上川乗→武蔵五日市と2016年のルートとは逆回りです。変化をつけるために風張峠は、入間白岩林道を走って、藤原峠を越えて行くルートとしました。

saetta0404.hatenablog.com

続きを読む