Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

奥多摩で撃沈の週末

今週は、「あなたの脚力では無謀です!」と言われかねない遠征を計画していたのですが、週半ばに風邪でダウン、計画変更を余儀なくされました。

水曜日夕方から節々が痛くなりはじめ、木曜日午後に発熱、という風邪の典型的な発症プロセスを経て、金曜日は一日中寝込むこととなりました。実は私、30歳前後から風邪に縁のない人生を過して来ました。したがって今回の風邪は30年ぶりの出来事、ある意味、風邪との初顔合わせです。極々普通の発熱、関節痛、筋肉痛などの諸症状にも関わらず、大きなダメージを受けました。土曜日には平熱となりましたが、快復度80%といった感じでスッキリしません。とてもチャレンジャブルな遠征を実行するコンディションではありません。とはいえ、今週走らないと自転車生活に三週間のブランクが生じ、体の整備を一からやり直すことが必要となります。そんな訳で、今週は、

遠征のシミュレーションとなるような設定のコースを走り、合わせて風邪の回復状況を確認する

こととしました。

f:id:saetta0404:20180910160953j:plain

今週の舞台は奥多摩

遠征を計画しているコースは、1,500mクラスの峠を2つ通過します。これに照準を合わせて、

武蔵五日市→風張峠(1,146m)→檜原村→時坂峠(560m)→武蔵五日市

という2つのピークを設定しました。後半の時坂(とっさか)峠は、初挑戦です。標高はそれほどありませんが、パンチの効いたヒルクライムが予想されました。体調が悪ければ、後半はカットです。

7:05@武蔵五日市駅のタイムズ駐車場をスタートします。首筋や後頭部にまだ張りがあります。今ひとつ体に自信が持てません。大丈夫かなぁ???

f:id:saetta0404:20180910161016j:plain

早朝の奥多摩は靄に包まれ、幻想的でした。運動してもオーバーヒートする心配のない気象条件です。

f:id:saetta0404:20180910161049j:plain

檜原街道には、10月に開催される東京ヒルクライムHINOHARAステージの開催予告の看板が多数設置されていました。さすがハイレベルなレース、通行止の時間は、僅か2時間なんですね。

f:id:saetta0404:20180910161303j:plain

7:40@橘橋交差点を左折。ここで自転車の神様は「涼しいうちに時坂峠に行くべきじゃない?」と囁いてくれた気がしますが、、、

f:id:saetta0404:20180910161326j:plain

8:01@青空が姿を現し始めました。

f:id:saetta0404:20180910161355j:plain

魔法の効果が失われる前に標高を稼がねば!と焦りますが、浅川渓谷に「ちょっと寄ってきません?」と誘われ途中停車。晴れていれば、強烈なコントラストにより色が飛んでしまってうまく撮影できない渓流ですが、今日は程よい光量でした。

f:id:saetta0404:20180910161426j:plain

8:15@上川乗を通過。青空の下、本格的なヒルクライム開始です。

f:id:saetta0404:20180910161515j:plain

道端に彼岸花を発見。残暑が厳しく、まだまだ夏という感覚でしたが、確かにもうこの花の季節です。

f:id:saetta0404:20180910161541j:plain

9:04@数馬温泉を通過し、奥多摩周遊道路がスタート。

f:id:saetta0404:20180910161624j:plain

橋の先には、いつもの黄色い10%標識

9:14@夢の滝。この滝もなかなか気に入った写真が撮れないのです。

f:id:saetta0404:20180910161646j:plain

9:23@10分程で、一気に標高を稼ぎます。先ほど通過した夢の滝が眼下に小さく見えます。

f:id:saetta0404:20180910161728j:plain

秋の気配を感じる都民の森への道、爽やかです。最近舗装工事が行われたのか、路面も極めて滑らかでした。

f:id:saetta0404:20180910185427j:plain

9:40@都民の森に到着。今日もたくさんの自転車がいました。汗をたっぷりとかいて気分もスッキリ、体調面の不安は解消です。タイム的にも昨年7月より20分も早く到着しています。

標高1,000m付近の午前10時の気温は、日陰23℃、日向27℃。今年の猛暑もようやく終わりが見えてきたと実感します。

f:id:saetta0404:20180910185501j:plain

10:24@奥多摩周遊道路の最高地点。下草が伸びて景色が見えません。どこかに撮影ポイントがないかと見回すと、、、

f:id:saetta0404:20180910185524j:plain

いい場所ありました!

f:id:saetta0404:20180910185549j:plain

魔界の門(風張林道ゲート)付近からの眺め

浅間尾根駐車場も適度に伐採されていて、眺望が効きます。

f:id:saetta0404:20180913191050j:plain

気持ちよくダウンヒルして行くと、浅川が、朝とは違う表情を見せてくれます。

f:id:saetta0404:20180910185615j:plain

前半戦を快調に完了したので、続けて時坂峠にチャレンジすることにしました。

11:29@払沢の滝入口。ヒルクライムに備えて塩分補給しようと、トップチューブバックから塩タブレットを取り出し、、、

な、ない!塩タブレットがありません!!

そういえば、二週間前のクソ暑い三浦半島で全部消費したのを思い出しました。

仕方ない、まぁなんとかなるだろう・・・

ヒルクライムを開始しました。

f:id:saetta0404:20180910185641j:plain

払沢の滝の駐車場を過ぎると人も車も激減、いつもの林道ひとり旅です。序盤は、ところどころ斜度10%ですが木陰の道です。ゆっくり登れば、なんとかなります。

ひとしきり登ると集落に出ました。写真では判りにくいですが、写真中央付近に白いガードレールが見えます。どうやら、この斜面を上って行くようです。

f:id:saetta0404:20180910185704j:plain

檜原村本宿の集落

道端にズッラッと並べられた木板、ああ木材を乾燥させているんだなと思ったのですが、、、

f:id:saetta0404:20180910185736j:plain

あ、暑い!

集落内の道は日差しを遮るものがありません。それに加え、この木板からの強烈な反射を受けて汗が噴き出します。この僅か100mの区間でヒットポイントが激減し、カラータイマーが点滅し始めました。

必死の思いで九十九折れの道を進むとコンクリート舗装が登場。斜度がアップする前兆です。コンクリート舗装は、このカーブ区間だけの短いものでしたが、瀕死状態にある私の心を折るには充分でした。

f:id:saetta0404:20180910185800j:plain

11:51@ついに力尽きました。やっぱり、病み上がりの体には無理だったようです。少なくとも涼しいうちに時坂峠の方を上るべきでした。

f:id:saetta0404:20180910185834j:plain

10分程休み、息を整え、水分補給し、再スタート。しかし、脚に力が入りません。昨年、甘利山で苦戦した時と同じ状態です。

下から見上げた斜面の最上部まで何とかやって来ました。この付近、ガードレールがありません。フラフラの私には超危険区間なので、恐々と山側を走りました。

f:id:saetta0404:20180910190013j:plain

12:18@意識が朦朧としてきて、ついにギブアップ。熱中症の初期症状です。やっぱり塩分補給できなかったのが響きました。

f:id:saetta0404:20180910190132j:plain

 立っているのは辛いので、道端の木陰にどっかりと腰を下ろします。谷を吹き上げる涼しい風に当たっていると、だいぶ落ち着いてきました。さて、どうしましょうか?

これだけ散々な目に合わされたので、時坂峠には絶対リベンジしなければなりません。となると、コース全体を把握しておくことは重要です。かといって、負荷をかければ、またダウンしそうです。となれば、自転車を押してゆっくり進みましょう。

12:27@自転車を押すこと5分で分岐に到達。本来の時坂峠は右方向のようですが、ゴールの峠の茶屋は左方向です。

f:id:saetta0404:20180910190219j:plain

12:36@ついに峠の茶屋に到着。

f:id:saetta0404:20180910190244j:plain

峠の茶屋からは、反対側の山並みを拝むことができました。この山の向こうは、奥多摩湖でしょうか。

f:id:saetta0404:20180910190318j:plain

塩分補給ができるのではないかと、少し期待していたのですが、峠の茶屋は廃業して久しい雰囲気です。

f:id:saetta0404:20180910190340j:plain

ん? 峠の茶屋 本家? この先300m???

f:id:saetta0404:20180910190411j:plain

この先は、強烈な下り坂ですが、行ってみましょう。

f:id:saetta0404:20180910190444j:plain

下りきったところは、登山道と小岩方面への分岐。峠の茶屋本家は確認できませんでした。そば処「みちこ」というお店もあるようですが、これ以上彷徨う余力はありません。撤退しましょう。

f:id:saetta0404:20180910190509j:plain

時坂峠にコテンパンに叩きのめされた週末となりましたが、緩んだ気持ちを引き締めることになり、遠征の予行演習としては大収穫、◎です。

走行距離:73.3km、獲得標高:1,401m、消費エネルギー:1,870kcal

テーマは夏の海、三浦半島一周

先週は秋を感じたのに、今週は真夏に逆戻りです。いつまで今年は暑いのでしょうか?

この暑さでは、中途半端な標高のヒルクライムでは、確実にオーバーヒートを起こしそうです。ならば、平地をサクッと走った方が空冷効果を期待できるだろうと、久しぶりに三浦半島に脚を向けました。

f:id:saetta0404:20180827191538j:plain

今週のテーマは「夏の海」

午前10時までに本日のライドを終了させようと、日の出前の3:54@スタートです。マンネリ気味の三浦半島ですので、「夏の海」をテーマとして走ることにしました。今週は、写真中心でサッサッといきます。

先週のような爽快感はありませんが、風を切って走れば十分涼しいです。逗子で日の出を迎えます。

f:id:saetta0404:20180827191602j:plain

5:10@葉山ラ・マーレ、ここで食事をしたことはありません ^^;

葉山マリーナのコンビニで朝食用サンドイッチを調達、葉山港先端の公園で食べようと思ったら、公園が駐車場と化していました。本来の駐車場部分でなにやら工事を行なっています。工事完了時には元の公園が復活することを期待します。

f:id:saetta0404:20180827191620j:plain

5:13@鐙摺のヨットハーバー

f:id:saetta0404:20180827191636j:plain

5:36@森戸海岸、富士山のシルエットが見えますか?

f:id:saetta0404:20180827191653j:plain

5:47@長者ヶ崎

f:id:saetta0404:20180827191727j:plain

6:24@荒崎海岸

長者ヶ崎、立石公園(没にしました)、荒磯海岸と写真を撮るために、わざわざ立ち寄りましたが、冴えないボヨ〜ンとした景色しか撮れず、ガックリ。

f:id:saetta0404:20180827191743j:plain

6:33@ソレーユの丘

三崎口のダラダラ上りは、暑くなる前に終了。半島先端部に入ると、太陽が本気モードに入り、ようやく夏色の写真が撮れはじめます。

f:id:saetta0404:20180827191847j:plain

7:03@城ヶ島

城ヶ島大橋から直下を見ると、海の色は透明感のある青緑色です。

f:id:saetta0404:20180827191953j:plain

脇野造船所

f:id:saetta0404:20180827192026j:plain

7:17@宮川漁港

f:id:saetta0404:20180827192040j:plain

7:23@毘沙門湾、無風で風車は完全停止

f:id:saetta0404:20180827192056j:plain

7:29@江奈干潟

半島先端部の畑群は、スイカが終了。夏休みです。

f:id:saetta0404:20180827192426j:plain

次は何を植えるのかな?

もうシーズン終了でしょうか、三浦海岸は静かです。この暑さでもかなりの数の自転車とすれ違いました。日焼けを防止で完全装備の人もチラホラと見かけます。熱中症にならないのでしょうか?

f:id:saetta0404:20180827192443j:plain

7:49@三浦海岸

急速に気温が上昇するのを肌で感じます。三浦海岸のコンビニでボトルに水を補給。体には、レッドブルでエネルギーを急速チャージ。

f:id:saetta0404:20180827192548j:plain

8:20@野比海岸

f:id:saetta0404:20180827192610j:plain

8:39@浦賀

f:id:saetta0404:20180827192629j:plain

8:57@多々良浜

f:id:saetta0404:20180827192646j:plain

9:04@観音崎

f:id:saetta0404:20180827192701j:plain

9:12@走水

f:id:saetta0404:20180827192720j:plain

9:22@馬堀海岸、本日のベストショット

信号待ちでストップすると太陽光に肌を焼かれて痛みすら感じます。ファミマのカフェフラッペが、体に滲みました。これまでにも何度か飲んでいますが、今日のが一番うまい!

f:id:saetta0404:20180827192745j:plain

10:35@海の公園から野島

ボトルの中身はお湯と化し、風に冷却効果は無くなり、ラスト20kmで完全にオーバーヒート。帰宅後は廃人状態でした。

走行距離:109.7km、獲得標高:576m、消費エネルギー:1,853kcal

 

蓼科スカイライン、双子池を経由して大河原峠

今年の猛暑に対抗するには2,000m級の峠しかないと、今週(8/19)も大河原峠(標高2,093m)への遠征を準備していましたが、突然、爽やかな秋の空気に包まれた週末となりました。この気候だと標高2,000mの気温はどうなるんだ?ひょっとして寒い?と、これまでと逆の心配をしなければならない状況です。起点となる長野県佐久市の気温を調べてみると、朝は13℃、日中は27℃です。13℃? かなり涼しいというか、寒いレベルですが、いまひとつピンと来ません。峠で凍える自分の姿が一瞬頭を過りましたが、直前で遠征先を変更するのも面倒と予定通り決行することにしました。

f:id:saetta0404:20180820155839j:plain

ヒルクライム佐久2018は、9月9日です!
続きを読む

大弛峠から奥秩父山地最高峰へ

今年は台風の影響で夏休みの自転車旅はワンチャンス、通常の週末ではできないチャレンジを!と色々検討したのですが、結局、暑さを回避するためには高いところへ行くしかないと、大弛峠を目指しました。2年ぶり2回目です。前回、プチ登山の末、辿り着いた夢の庭園からの景色に感動しました。今回は、さらに標高をアップさせて奥秩父山塊の最高峰である北奥千丈岳からの絶景を狙います。

f:id:saetta0404:20180807211033j:plain

続きを読む

夏休み恒例プチ旅行:丸沼高原と日光白根山

夏休みの恒例行事となっているプチ旅行、とにかく涼しいところ!というのが、奥様からのリクエストでした。自転車ルートの下見という私の重要な要件を加味して決定したのが、群馬県丸沼高原(標高1,400m)です。

f:id:saetta0404:20180802180920j:plain

日光白根山登山道から錫ヶ岳
続きを読む

涼を求めて滝沢林道 2018

この暑さでは、涼しいところでなければ、とても走れませんが、

涼しいところ => 標高の高いところ=> 遠い

でもあります。先週の嬬恋村も、帰路は渋滞もあり5時間を要しました。さすがと二週連続の長距離ドライブは辛いので、近くて、涼しい、夏の切り札を早くも使ってしまいました。

4:00@自宅を出発。今日の目的地は、富士山五合目です。

先週、アタフタした食料調達ですが、山中湖畔のコンビニは、6時前でもオープンしていました。スポーツドリンク500ml、水500ml、おにぎり2個を調達します。

6:00@山中湖畔の駐車場に到着すると、霞んでいるものの富士山がバッチリ。快晴、今日も暑くなりそうです。

f:id:saetta0404:20180723165359j:plain

続きを読む

天空散歩パートII:高山の花を楽しみながら標高2,000mの湿原を歩く

せっかくの三連休ですが、私の体力を大きく上回る猛暑です。とにかく標高の高い所に行くことしか考えられませんでした。自転車で行くことのできる標高2,000mオーバーのコースというのがありますが、まだ未体験のルートが四箇所あります。

  1. コマクサ峠(2,040m)
  2. 大河原峠(2,093m)
  3. 御嶽山 田の原(2,180m)
  4. 富士あざみライン(須走口五合目1,960m)

これをクリアするのも私の自転車ライフの大きな目標、今回は、コマクサ峠にチャレンジして、池の平湿原を散策してきました。

f:id:saetta0404:20180716222137j:plain

標高2,000mの湿原散歩
続きを読む