Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

2019スタートは、箱根駅伝見物

2019年シーズンを、1月3日に始動しました。今年もよろしくお願いします。

f:id:saetta0404:20190104204131j:plain

あけましておめでとうございます。

6:00@新春初ライドは、目的地を決めずスタートし、気の向くままに走ります。箱根駅伝の復路の日なので、小田原方面へ進めば、どこかですれ違うはずです。それじゃ、まずは生の駅伝を観に行くかと、鎌倉街道へと向かいました。

風もなく穏やかに晴れた朝でしたが、寒い!

年末の東京湾ループの朝よりさらに寒く、30分も走ると手足の指先が痛くなってきました。大船付近で日の出を迎えましたが、ガーミンに記録された気温は-4℃と、この冬一番です。こりゃたまらんと、江ノ島MOS Cafeに逃げ込み暖をとりました。

国道134号線を西へと進むのですが、R134の西行きは防風林の陰で寒いのです。もう寒いのは勘弁と、とにかく日当たりの良いルートを走ることを今日のテーマとして進むことにしました。

防風林が日差しを遮っているのですから、防風林のないところを走ればいいのです。

f:id:saetta0404:20190104204441j:plain

湘南海岸CR

鵠沼海浜公園を起点とし、茅ヶ崎サザンCまでの 5.8km は、サイクリングロードとなっています。散歩やランニングの人も多く、路面が砂に覆われている場所もあるので、普段は走ろうと思わないのですが、日当たりは抜群です。

8:21@新春凧揚げの会場横を通過。この日は、ほぼ無風。凧揚げのコンディションとしては X です。

f:id:saetta0404:20190104204938j:plain

茅ヶ崎新春凧揚げ大会

サザンCから先も道は続いていたので進んで見ると、湘南大橋に出ました。

f:id:saetta0404:20190104221521j:plain

湘南海岸CR:後半

f:id:saetta0404:20190104221626j:plain

湘南海岸CR:終点

9:00@大磯からも日当たり重視で、サイクリングロードを走ります。

f:id:saetta0404:20190104221712j:plain

大磯CR

大磯から二宮に入ると沿道に駅伝応援の人の姿が増えてきました。

9:30@押切橋交差点を過ぎたあたりで自転車を止めて駅伝見物体制に入ります。待つこと10分、ランナーがやって来ました。

f:id:saetta0404:20190104221752j:plain

2019-箱根駅伝

f:id:saetta0404:20190104221836j:plain

2019-箱根駅伝:7区第一位 東洋大

f:id:saetta0404:20190104221930j:plain

2019-箱根駅伝:7区第二位 東海大

一位と二位は、続けてやって来ましたが、その後がなかなか現れません。待っていてもしょうがないと出発しました。結局、国府津駅までの区間で全てのランナーとすれ違いました。

10:19@江ノ島で富士山がクリアに見えていたので、久しぶりに足柄峠へと南足柄方面に進みました。が、酒匂川まで来ると富士山に雲がかかり始めます。

f:id:saetta0404:20190104222038j:plain

富士見大橋

ポカポカしてとても気持ち良い酒匂川CR。今日は、マッタリ走りましょう。

f:id:saetta0404:20190104222259j:plain

酒匂川CR

2019初未舗装路走行。年末の東京湾ループで、タイヤをグラベルキングからグランプリ4 Four Seasonsに交換してしまいましたが、この路面なら問題ありません。富士山の雲は取れそうにないので足柄峠はパスして山北で折り返すことにしました。

f:id:saetta0404:20190104222334j:plain

酒匂川CR:松田付近

普段は走ることはない、岩流瀬(がらせ)付近で見つけた里山ロード。時間もあるので探検して見ます。

f:id:saetta0404:20190104222522j:plain

岩流瀬の里山ロード

f:id:saetta0404:20190104222913j:plain

ルンルンと走っていると、道はWトラックとなりました。農道でよくあるパターンです。写真ではわかりづらいですが、中央部分との段差が10cm以上あります。センターの草地部分を走れば何の問題もなかったのですが、気付いた時には左側の轍を走っていました。バランスを崩すと左の斜面を転げ落ちるぞ!と意識した途端、体が硬直、フラついて転けました。新年早々、初転びです。右側に体を投げ出したので、とりあえずセーフ。柔らかい草地なので、本人、自転車とも無傷で済みました。

f:id:saetta0404:20190104222937j:plain

農道Wトラック

冬場のトレーニングコースを開拓しようと、山北から松田、中井の丘陵地帯を走り抜けてみました。途中で、何台もロードバイクとすれ違いましたので、この付近で色々なコースを組めそうです。

f:id:saetta0404:20190104223035p:plain

走行距離;142.3km、獲得標高:900m、消費エネルギー:2,402C

 

自宅まで残り2kmほどのところまで来ると、突然、リアのブレーキ付近から異音が発生しました。ブレーキパッドに異物でも詰まったのかと、すぐに停車して確認しましたが、原因がわかりません。やむなく、異音のするままで帰宅しました。

番外編:異音の原因

ブレーキパッドが磨耗して、ご覧のようにパッドを抑えているバネが捻じ曲がってローターと接触していました。

f:id:saetta0404:20190105172719j:plain

異音の原因

f:id:saetta0404:20190105172753j:plain

磨耗したブレーキパッド

ディスクブレーキは、ロードバイクでも主流となりつつありますが、パッドは、超消耗品です。この1年間で、フロント1回、リアは2回、パッドを交換しています。リアは走行距離1,500kmで磨耗、交換というのが経験値で、そろそろ3回目の交換のタイミングでした。これまでは、自転車屋さんに持ち込んでプロに交換してもらっていましたが、お正月でお店は休みです。正月休み中にもう一日乗るには修理しなければなりません。何事も経験と交換にチャレンジして見ました。

作業自体は、そんなに難しいものではありませんでしたが、飛び出たピストンを押し戻すにはこつが必要でした。

f:id:saetta0404:20190105172847j:plain

飛び出たピストン

一般にマイナスドライバーでピストンを押し戻す手順がガイドされていますが、うまくいきません。ネットで調べると、「すり減ったパッドを取り付けて、面全体でピストンを押す」方法が案内されていました。ピストンを直接押すのは、ピストンを傷つける恐れがあるので、今ひとつ力を加えられませんが、パッドを間に挟む事で遠慮なく力を加えることができます。これで無事ピストンを押し戻すことに成功しました。

ディスクブレーキの自転車に乗り換える方が今後増えると思いますが、ブレーキパッドの減り具合のチェックを習慣化することをお勧めします。



















 

2018走り納めは、東京湾ループ

年末大掃除を済ませ、2018年の走り納めをできる運びとなったのですが、年末寒波の極低温に恐れをなし、行き先を決められません。そんな中、Stravaのログを眺めていると、2018年の合計走行距離:4,870kmというのが目に止まりました。今年は1年フルに走ったのに5,000kmに届かないのは、ちょっと悔しいです。ということで、走り納めは、今年度最長距離&年間走行距離5,000kmオーバーというテーマで、二年ぶりに東京湾を一巡りすることとしました。

12/30 5:30@自宅をスタート。予想通りの寒さです。アンダーを二枚着込み、ネックウォーマーで頭部も包み完全武装で臨みました。走り出しは、ウォームアップを兼ねて20km/hほどのスピードで走り、じっくり体を温めます。この時期、基本北風ですので、ルートは時計回りを選択、国道15号線を北上しました。

f:id:saetta0404:20181231082322j:plain

みなとみらい

大森海岸付近で夜が明け、日差しがビルやマンションの上層に当たり始めます。

7:20@高輪。2020年開業予定の高輪ゲートウェイ駅です。

f:id:saetta0404:20181231082423j:plain

工事中の高輪ゲートウェイ

7:43@銀座。前回も愚痴をこぼしましたが、銀座から日本橋にかけては信号ストップばかりです。動いていれば寒さをしのげますが、ビルの谷間で日差しの届かない交差点での信号待ちは凍えます。

f:id:saetta0404:20181231082534j:plain

銀座4丁目

7:52@日本橋。高速道路地下化計画、完成は20年後だそうです。20年後となると車社会自体が大きく変容している気もします。

f:id:saetta0404:20181231082622j:plain

麒麟の翼

8:00@小伝馬町で道沿いにデニーズを発見し、朝食休憩としました。気温が最も低い中を2時間以上走るパートなので、1回目の休憩は暖かい場所で摂ると決めていました。

前回の東京湾一周で難儀したのが江戸川越えでした。できるだけ海岸線を走ろうと湾岸線を選んだのですが、大型車の多い湾岸線の路面はガタガタ、挙げ句の果ては江戸川付近で自転車進入禁止の標識に行く手を阻まれ、迂回路を求め彷徨いました。今回は、事前に情報を収集し、都道315号線を走ることにしました。少し内陸部を通過しますが、蔵前橋(隅田川)、平井大橋(荒川)、市川橋(江戸川)と非常にスムーズに渡河を完了できました。隅田川を越えると、道路にも陽の光が届きはじめ、交差点待ちも苦ではなくなって来ます。それにしても、久しぶりの青空です。

f:id:saetta0404:20181231082907j:plain

隅田川:蔵前橋

f:id:saetta0404:20181231083049j:plain

荒川:平井大

f:id:saetta0404:20181231083537j:plain

江戸川:市川橋

12/30は日曜日でもあり国道14号線千葉街道は普通車のみ、交通量もそれほどはありません。追い風にも助けられ、順調に谷津まで進みましたが、県道15号線方向に右折するところで、ちょっと迷いました。地図上でR14と交差する地点は、道同士は接続していない立体交差となっていました。船橋競馬場駅の先で斜め右へと進むのが正解でした。

谷津干潟から県道15号線に入り、幕張の海岸沿いを走ります。

10:33@花見川に架かる美浜大橋で写真を撮りましたが、強風で体が揺れてピントが定まりません。東京湾には白波が立っています。私は追い風で楽をさせてもらいましたが、反対方向に走る皆さんは、大変な苦行を強いられていました。私も撤退不可能な地点まで来ていることになります。金谷まで走り切らないと帰宅できません。

f:id:saetta0404:20181231083617j:plain

東京湾越しの富士山

f:id:saetta0404:20181231083643j:plain

検見川浜西突堤

10:40@前回も休憩した稲毛海浜公園でエネルギー補給をする予定でしたが、風が強くてそれどころではありません。この写真の撮影時も、カメラを構えると風で自転車が動き出し、慌てて駆け寄ることを2度ほど繰り返しました。

f:id:saetta0404:20181231083701j:plain

稲毛海浜公園

国道357号線に復帰し、千葉駅付近を通過するあたりには、道路沿いに飲食店も多いのですが、走行距離はまだ70kmと、腰を据えて休憩するには中途半端です。結局、エネルギー補給は、空腹を感じたタイミングで、風を除けらる場所を探し、立ったまま行う羽目になりました。

追い風に乗って順調に進んで来ましたが、国道16号線五井付近で、突如向かい風となり急ブレーキがかかります。帰宅後、地図を調べると、AGC千葉工場のところで道が北西にカーブしていました。

11:58@養老川を超えたところで左折し、R16を離脱します。この五井から君津にかけてはのR16は、コンビニすらない産業道路で苦行以外の何物でもありません。そこで今回は内陸側のJR内房線沿いを走る県道にルートに設定していました。このおかげで、向かい風からは逃れられました。しかし、強烈な横風を受け、風の吹き抜ける場所はかなり危険でした。この強風でフェリーが運行停止になるのではと心配になります。

f:id:saetta0404:20181231083728j:plain

養老川

f:id:saetta0404:20181231083755j:plain

県道287号線:長浦付近

姉ヶ崎付近で自宅から100kmを超えます。お店に入ってランチの余裕はないと判断し、コンビニでエネルギ補給です。

13:11@アクアラインの下を通過、木更津が近づいて来ました。

f:id:saetta0404:20181231083835j:plain

アクアライン

13:28@木更津港を走っていると何艘ものクレーン付きの船が係留されています。そしてその船の間から沖合に特徴的な橋が見えました。帰宅後調べてみると、クレーン付きの船は、土砂を運ぶガット船という船で、沖合の橋は、鳥居崎海浜公園中の島大橋とわかりました。中の島大橋の上からの眺めが気になるところですが、寄り道する余裕はありません。

f:id:saetta0404:20181231083859j:plain

木更津港:ガット船と中の島大橋

14:16@富津岬の展望台は、錆が浮いて、少し廃墟感が漂って来ました。

f:id:saetta0404:20181231083927j:plain

富津岬

驚くべきは風です。富津岬の風は微風です。幕張では白波を立て荒れていた東京湾ですが、ここには波すらなく、湖面のようでした。

f:id:saetta0404:20181231083954j:plain

東京湾

富津岬から金谷までのルートも、いつもとは違う道を走ろうと、里山ルートを作成してガーミンに入力、案内されるがままに佐貫から里山の道へと入ったのですが、途中でガーミンの動作が怪しくなり、民家の庭先で行き止まりとなりました。幸い周囲は田圃、見晴らしが効いたので、車の往来のある方へと戻る事でコースに復帰できました。

f:id:saetta0404:20181231084028j:plain

里山ロード:佐貫付近

15:50@159kmを走破し、金谷港フェリーターミナルに到着。予定していた16:30のフェリーに乗船します。先週のフェリーは空いていて一階の船倉しか使用しませんでしたが、今週は自転車は二階へと誘導されました。

f:id:saetta0404:20181231084110j:plain

金谷フェリーターミナル

久里浜から自宅の30kmに関しては、何の心配もしていなかったのですが、今回は疲れがドット出て体に力が入りません。最後は、15km/hほどのスピードでヘロヘロになりながら、なんとか自宅に辿り着きました。

先週は雨上がりの路面で90分だったのに、今週は110分もかかってしまいました。寒さでエネルギーを余分に消費したとも言えますが、走り込み不足も大きな要因のようです。

走行距離:192.2km、獲得標高:598m、消費エネルギー:3,138C

年間走行距離:5063.2km

来年また一つ歳をとりますが、年間走行距離6,000kmをチャレンジ目標に頑張ります。東京湾ループも健康診断の一項目に追加でしょうか。

2019年もよろしくお願いします。

 

雨の里山ロードを全力で退却しました。

せっかくの三連休でしたが天気予報は、雨、曇り、晴れです。無難な選択をするのであれば晴れの12/24(月)でしたが、北風で気温が低そうです。先週、寒さに体が対応できなかったこともあり、曇りでも暖かい12/23(日)を選択したのですが、今シーズン初の雨中ライドとなってしまいました。

今日の目的地は房総半島です。テーマは「里山巡り」、当初は未舗装路を含むルートを準備していたのですが、前日の雨の影響を考慮して舗装路オンリーに変更して臨みます。

f:id:saetta0404:20181224131243j:plain

九十九谷展望公園
続きを読む

いきなり真冬で体がついてきません:白銀林道

最高気温10℃といきなり一月下旬から二月初旬の気温です。体が真冬モードに切り替わっていないので、この気温は脅威です。少しでも暖かいところへ出かけようと、房総半島でコースを作成しましたが、前日に天気予報を調べると北の風4m/sと微妙なコンディション。一方、小田原方面は晴れで風速2m/s、日差しがあればなんとかなりそうです。当日の朝まで迷った末に小田原方面を選択したのですが、これが正解だったのか、、、

f:id:saetta0404:20181216121343j:plain

白銀林道
続きを読む

グラベルライドのテクは向上したのか戸川林道で検証

今年念願のグラベルロードを導入し、未舗装路を含むルートに積極的にチャレンジしてきました。どこに行ったのかと書き出してみると、

数的にはよく頑張りましたが、内容的にはガレガレ路面に対応できずに押し歩くシーンが多かったのも事実です。数を消化したことで、グラベルに馴れたことは確かですが、果たしてテクニックは向上したのでしょうか?

それを検証するために、初めてグラベルに挑戦したあの戸川林道に行ってきました。

saetta0404.hatenablog.com

f:id:saetta0404:20181209095233j:plain

戸川林道
続きを読む

天城峠を越えて八丁池へ

伊豆半島の色々な場所に行っていますが、まだ、天城峠を訪れたことはありませんでした。川端康成の「伊豆踊り子」や、石川さゆりの「天城越え」などで超有名ですので(この2つを並記するのも妙ですが・・・)、すっかり観光地化しているだろうと思っていたからです。しかし、旧下田街道が未舗装のまま残されていたり、途中に接続する寒天林道から八丁池探訪も可能なことを知り、俄然興味が湧いて来ました。後はいつ決行するかだったのですが、三連休は天候も安定しそうです。この秋のラストチャンス!と行ってきました。

f:id:saetta0404:20181124110548j:plain

「天城の瞳」の愛称、「青スズの池」の別称でも呼ばれる八丁池
続きを読む

2018-紅葉狩りライド:ディープな丹沢を超えて紅葉狩り

平日は秋の好天なのに土日は傘マークと、天気予報にヤキモキする一週間でした。最終的に傘マークはなくなりましたが、一日中曇マークの予報ですので、積極的に遠出をするモチベーションは湧きません。自走可能で紅葉見頃の場所を探すと、宮ヶ瀬、箱根、丹沢湖といった辺りです。宮ヶ瀬は裏ヤビツが通行止のためコース的に面白くありません。箱根は混雑しているでしょう。となると残るは丹沢湖です。

f:id:saetta0404:20181118083137j:plain

続きを読む