Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

夏色の三浦半島、九月ですが、、、

二週続けて三浦半島を走っています。時間的制約がある場合は、やはり地元です。先週は秋の気配を感じましたが、今週は真夏に逆戻り。夏色の写真のオンパレードです。

f:id:saetta0404:20190908135733j:plain

6:27@猿島

f:id:saetta0404:20190908135830j:plain

6:33@馬堀海岸

f:id:saetta0404:20190908135900j:plain

6:43@走水観音崎ボードウォーク

f:id:saetta0404:20190908140004j:plain

7:24@野比海岸

f:id:saetta0404:20190908140106j:plain

畑は季節の変わり目

f:id:saetta0404:20190908140159j:plain

8:22@宮川漁港

f:id:saetta0404:20190908140233j:plain

8:33@城ヶ島大橋から夏の富士山

f:id:saetta0404:20190908140322j:plain

9:51@祭りの準備中 森戸海岸

走行距離:102km、獲得標高:468m、消費エネルギー:1,625C

完全燃焼?撃沈の富士スカイライン

大弛峠の不完全燃焼を払拭するために、今週は、富士スカイライン富士宮口五合目を目指しました。3年前にも走りましたが、御殿場から標高差1,900mのヒルクライムです。更に、五合目から宝永山(標高2,693m)までの登山をプラスして、今週こそ完全燃焼するぞ!と意気込んで挑んだのですが、、、

f:id:saetta0404:20190825131751j:plain

水ヶ塚駐車場から
続きを読む

不完全燃焼の大弛峠 2019

八月の三連休は、お盆の民族大移動と重なるために、自宅周辺の超早朝ライドで過ごしましたが、日差しは強烈! さらに、大型台風通過後の土日はこの夏一番の猛暑の予報です。この暑さから逃避するためにはやはり標高2,000mを目指すしかありません。そこで、今年も大弛峠を目指す計画を立てていました。鳥居峠の駐車スペースまで車載して大弛峠まで自転車、そして金峰山へアタックという登山メインのプランです。ところが、天気予報が直前になって急変、日曜日は曇りマークになり、ついには、午後からは雨マークがつくようになってしまいました。目的地を変更するにも、関東周辺の山間部はいづれも急な雷雨に警戒の注意報だらけでリスクは変わりません。半ばやけくそで、雨が降る前に往復するという暴挙に出ました。

続きを読む

SDA王滝の舞台を探検

夏休み木曽遠征第一日目の御嶽山HCは雷鳴にヒヤヒヤしたものの無事終了。17:00に木曽福島の宿に到着すると同時に夕立が降り始めました。梅雨が開けても今年は天候が不安定です。夕食を終えて部屋に戻り、翌日の天気を確認すると、木曽福島周辺は昼過ぎから雷マークが乱立。明日は、開田高原に向かい地蔵峠、九蔵峠などを巡る予定だったのですが赤信号点灯です。木曽から早めに脱出して、蓼科付近でも走るしかないかと考えながら眠りにつきました。

f:id:saetta0404:20190807200009j:plain

木曽福島の古い家並み
続きを読む

信仰とスキー場の木曽御嶽山

八月の第一週が会社の夏休み、今年はどこを走ろうかとあれこれと考えていました。直前まで東北最深部への遠征を考えていましたが、梅雨明けと同時に猛暑が日本列島を襲います。誰もいない山中で体調不良でダウンというのは、余りにリスクが大き過ぎて断念。やっぱり涼を求め高地へ行こう!と、自転車で行くことのできる2,000m越えライドで唯一未訪の木曽御嶽山に行ってきました。

続きを読む

ぐるっと奥利根ゆけむり街道

奥利根ゆけむり街道は、昨年秋に水上から照葉峡、坤六峠と走りましたが、折り返しのピストンルート、片品村側のゆけむり街道は手付かずとなっていました。それでは、ゆけむり街道全線を走ってみようと調べてみるとこれが驚きです。地図上、赤城山付近の県道251号線にも奥利根ゆけむり街道のラベルが付与されています。さすがと赤城山を奥利根と呼ぶのは、許容範囲外です。そこで、大場村付近から県道64号線で背嶺峠を越えて片品村鎌田、そして片品村戸倉を経て県道63号線で坤六峠を越え、みなかみ町に至るルートを「奥利根ゆけむり街道」と自己認定しました。

勝手にゆけむりラインを定義しましたが、これを一日で走破するのはそう簡単ではありません。横浜からのアクセスを含めて考えると、百名山である武尊山の周囲をぐるっと一周するルートとなります。距離100km、獲得標高は、2,000mオーバーのタフなコースです。私の体力、脚力では、長い日中時間と程よい気候という条件が揃わなければ完走は厳しく、この三連休が今年のラストチャンスと考えていました。心配していた天気も初日の土曜日は何とかなりそう、いざ、出陣!です。

続きを読む

梅雨の隙間の平日ライド:細尾峠、粕尾峠、古峰ヶ原

雨の週末が続きストレスが蓄積、予定がキャンセルとなったチャンスを捉えて休みを取得、平日(7月3日)に走りに行ってきました。

各地の天気予報をチェックし、降雨確率の低い日光エリアに絞り込みます。このエリアで未訪の峠は?と考えると、奥日光の金精峠と前日光の細尾峠です。天候を考えると標高のある金精峠はパスして、細尾峠を目指すことにしました。前日光(日光市南部から鹿沼市足尾町を含む足尾山地北部)というのは、自転車に乗り始めてからその存在を知ったエリアです。どんなところか興味津々です。

f:id:saetta0404:20190705194845j:plain

国道122号線 旧道 細尾峠
続きを読む