Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

2018-紅葉狩りライド:渓流の落葉ロードを遡り柳沢峠へ

11/10、紅葉シーズンに再訪すると決めていた林道泉水横手山線に行ってきました。

f:id:saetta0404:20181111154738j:plain

秋の泉水谷を遡る

6:43@霧の奥多摩湖を通過。前夜の雨の影響で山梨県に濃霧注意報が出ています。

f:id:saetta0404:20181111154758j:plain

昨年は奥多摩まで輪行して大菩薩ラインを一ノ瀬高原経由で塩山まで走り、紅葉を堪能しましたが、今日の主目的は泉水谷の秋をチェックすることです。紅葉見物に十分な時間を当てるために全行程を短縮、車載して奥多摩湖畔を起点に動き回る作戦としました。

saetta0404.hatenablog.com

往路で泉水横手山林道を遡り柳沢峠、帰路は大菩薩ラインを一気にダウンヒルして奥多摩湖畔に戻ります。コースに変化を付けるために、初挑戦となる今川峠(距離2.5km、平均斜度10.6%)を往路に組み込みました。手強い峠であることは承知の上です。さらに、時間に余裕があれば一ノ瀬林道も走破してしまえ!という妄想的オプションも用意しました。

f:id:saetta0404:20181111215508p:plain

7:25@奥多摩湖深山橋のたもとの駐車場をスタート。国道139号線で小菅村を目指します。昨夜の雨で路面はウエット、山は霧に覆われています。予想以上に湿り気たっぷりのため、林道の未舗装部分の状態が気になります。今日は泥まみれかなぁ?

f:id:saetta0404:20181111154816j:plain

陽が昇るに連れ、霧の中から色鮮やかな紅葉が姿を表しました。まるで虹のようです。

f:id:saetta0404:20181111154834j:plain

7:57@小菅村では爽快な青空が迎えてくれました。

f:id:saetta0404:20181111154900j:plain

8:02@自転車ブログでよく目にする小菅村のT字路です。山腹に見えるガードレールは、大菩薩峠方面です。

f:id:saetta0404:20181111154919j:plain

直進(大菩薩峠)、右折(今川峠経由で丹波山村

右折直後は渓流沿いを緩く遡ります。

f:id:saetta0404:20181111154940j:plain

8:07@まもなく斜度が一気に上昇、今川峠ヒルクライムがスタートします。

f:id:saetta0404:20181111154957j:plain

コンスタントに斜度12%、一瞬ですがガーミンが17%と表示するのを見ました。斜度10%が息抜きに感じるタイプの峠道です。

8:37@何もないシンプルな今川峠(標高947m)に到達。タイムは 33分20秒(遅;)。無心でただただペダルを回すことに没入していたので、30分も格闘していた感覚はありません。達成感のある素敵な峠でしたが、コース終盤にこんな峠が現れたら、即、押し歩きです。

f:id:saetta0404:20181111155019j:plain

切り通しの峠、直ぐに丹波山側に下ります。

丹波山側は朝日を浴びた紅葉が綺麗でした。標高900m付近で紅葉がピークというのは、泉水谷の標高を考えるとちょっとまずいかもしれません。

f:id:saetta0404:20181111155037j:plain

ローラー滑り台横の強烈な斜度の直線を下ると丹波山村中心部です。丹波山側から今川峠にアプローチする場合は、このローラー滑り台が最難関区間ですね。

f:id:saetta0404:20181111155057j:plain

9:00@丹波山川を渡り大菩薩ラインに入りました。美味しそうな実をたくさん付けた柿の木ですが、渋柿かな?

f:id:saetta0404:20181111155113j:plain

集落を抜けると、紅葉ど真ん中でした。こりゃぁ、完全にまずいぞ〜!

f:id:saetta0404:20181111155132j:plain

羽根戸トンネル付近の丹波山渓谷、岩壁に紅葉が綺麗な場所ですが、この地点を通過する時間帯(午前中)は日陰で薄暗いのです。もっと光を!といつも思います。

f:id:saetta0404:20181111155153j:plain

f:id:saetta0404:20181111155207j:plain

丹波山渓谷(ナメトロ)

9:32@林道泉水横手山線への分岐が見えてきました。自転車を担いで林道ゲートを通過。まずはエネルギー補給します。早くもおにぎりを頬張りました。

f:id:saetta0404:20181111155227j:plain

9:45@泉水谷の遡上を開始。ここからは自己責任です。

紅葉は既に終盤を迎え、落ち葉が路面を埋め尽くしていました。これだけ大量にあると落ち葉も主役です。

f:id:saetta0404:20181111155253j:plain

陽の当たらない区間は完全に落葉しています。紅葉のベストタイミングはいつだったんでしょうか?

f:id:saetta0404:20181111155420j:plain

前回訪問時にも渓流まで降りて撮影したポイント。大量の落ち葉が岩の上に堆積していました。

f:id:saetta0404:20181111155318j:plain

陽が当たる区間は、最後の紅葉が美しいです。渓流の景色と引き換えに斜度がアップするのがこの林道の掟、かなり呼吸が荒くなって来ました。

f:id:saetta0404:20181111155445j:plain

10:39@未舗装区間(その1)。なんと砂が大量に投入され、路面が整備されています。

f:id:saetta0404:20181111155509j:plain

これなら乗車して進めそうだなと思ったところ、道は超大量の落ち葉に埋め尽くされました。タイヤが空転して乗車どころではありません。押し歩きスタートです。

f:id:saetta0404:20181111155542j:plain

前回は新緑に覆われて見えなかった渓流ですが、今回はよ〜く見ることができます。

f:id:saetta0404:20181111155641j:plain

f:id:saetta0404:20181111155604j:plain

10:55@作業中のホイールローダーに遭遇。落葉を片付けています。そういえば入口ゲートに整備工事実施中の掲示がありました。お仕事の邪魔にならないように、片付けが一区切り付くのを待ってからこの地点を通過しました。

f:id:saetta0404:20181111155705j:plain

見事なショベル捌きで大量の落ち葉を片付けていきます。

11:06@前回悲鳴をあげた斜度20%のコンクリート舗装部分は、濡れてグチャグチャの落ち葉に埋め尽くされていました。自転車を押し上げるのも一苦労です。

f:id:saetta0404:20181111155732j:plain

さらに進むと、前方から工事関係者がやって来ます。一言あるかな?と緊張が走ります。すると「この先に倒木があるので注意してくださいね」と親切に教えていただきました。幹の太さ20cm位の木が道を塞いでいて、ショベルカーも動員しての撤去作業中でした。

11:13@楽しみにしていた大黒茂谷出会いの紅葉は既に終了していました。ちょっとガックリ!

f:id:saetta0404:20181111155754j:plain

大黒茂谷(左)と牛首谷(右)の合流地点

11:30@水晶橋を通過したところで休憩としました。柔らかい日差しがあり、寒くはありません。周囲に誰もいない空間を満喫します。

f:id:saetta0404:20181111155820j:plain

泉水谷区間の後半はほとんど押し歩きでしたが、牛首付近からは斜度が緩み、ようやく乗車可能となります。

f:id:saetta0404:20181111155842j:plain

路面の状況が春よりも良好です。砂が投入され整備されているのです。多摩川源流域の林道は、東京都の水資源局の管理下にあります。さすが東京、お金持ちです。

f:id:saetta0404:20181111155952j:plain

11:45@押し歩きから一転、楽しいグラベルサイクリングとなりました。

f:id:saetta0404:20181111155905j:plain

遅れを挽回しようと、調子に乗って少しガレた区間も乗車して進んだのですが、、、

パンク しました。

若干、いえ、かなりの不安に襲われます。チューブ交換までは問題ありませんが、最後のタイヤを嵌めるところでいつも苦戦しているのです。

12:44@日当たりの良い場所まで押し歩き、覚悟を決めて修理を開始。やはり最後の部分で少し手間取りましたが、なんとかタイヤを嵌め込むことに成功しました。ホッ。

f:id:saetta0404:20181111160019j:plain

ついでに、ここで昼食

13:26@新横手山峠(標高1,553m)は写真を一枚撮っただけで通過します。

f:id:saetta0404:20181111160047j:plain

峠には眺望がありませんが、少し下ったところからは笠取山方面が見えます。午後になって急速に雲が広がり始めています。

f:id:saetta0404:20181111160123j:plain

下りの路面は、所々に雨の影響で溝ができガレた場所がありましたが、全体的には良く整備されていて乗車率90%でした。路面が落ち葉で覆われている場所も多く、安全第一で下ります。

f:id:saetta0404:20181111160154j:plain

13:57@泉水横手山線を突破。トラブルもありましたが、この林道は楽しいです。来年は、少し早めに訪れましょう。

f:id:saetta0404:20181111160238j:plain

f:id:saetta0404:20181111160254j:plain

f:id:saetta0404:20181111160321j:plain

14:16@予定よりも1時間遅れで柳沢峠に到着。富士山が見えないのは想定内、帰路に一ノ瀬林道に立ち寄る時間がなくなったことも想定内です。

f:id:saetta0404:20181111162058j:plain

f:id:saetta0404:20181111160344j:plain

14:33@時間が押しているので峠の茶屋で肉うどんを食べるのは諦め、ダウンヒルを開始。

未だ訪れることのできない、笠取林道、大ダル林道のゲートを覗きながら下ります。三窪高原、深静峡などの観光スポットのある笠取林道が面白そうですが、この林道入口ゲートに到達するまでにパワーを使い尽くしてしまうのが実情で、いつ実現できるのやらです。

f:id:saetta0404:20181111160415j:plain

f:id:saetta0404:20181111160510j:plain

紅葉を楽しみながら大菩薩ラインを下ります。丹波山村奥多摩湖の中間付近が紅葉のピークでした。そろそろ地元神奈川でも紅葉を拝めそうです。

f:id:saetta0404:20181111160547j:plain

f:id:saetta0404:20181111160605j:plain

一ノ瀬高橋トンネル付近

f:id:saetta0404:20181111160629j:plain

道の駅丹波山と鴨沢の中間付近の渓谷が紅葉のピーク

16:03@薄暗くなり始めた奥多摩湖畔に帰着しました。

今週は、道の駅小菅に併設されている小菅の湯で汗を流そうと考えていたのですが、11月〜3月は営業時間が短く、17:00受付終了、18:00閉館です。暢んびりできない温泉では意味がないので、二週連続でつるつる温泉となりました。

走行距離:63.1km、獲得標高:1,660m、消費エネルギー:1,992kcal

2018-紅葉狩りライド:檜原都民の森ブナの路で三頭山へ

今年は、積極的に紅葉狩りライドに展開しようと、行くべきところ、行って見たいところをリストアップしていました。本来であれば今週は、その第二弾のはずだったのですが、先週の谷川岳&奥利根ゆけむり街道で超満腹となってしまいました。同じような景色を見ても、感動が薄い気がします。仏料理から和食か中華に献立を変えることが必要とは、我ながら贅沢な悩みです。

そもそも今年の紅葉狩りツアーは、"尾瀬ブナ平の黄葉&奥只見湖"からスタートする計画だったのですが、R352の通行止めで実現できていません。そうです! ブナの黄葉を見たかったのです。その根本に立ち返り、ブナ林はどこにあるのか?と調べたところ、「新緑輝く「森のダム」の絶景 散策したいブナ林10選」という記事を発見しました。何とこの中の第4位が、奥多摩の三頭山!都民の森の奥にある三頭山です。灯台下暗しでした。ということで、今週は少し目先を変え、ブナの黄葉求めてライド&登山を行うことにしました。

f:id:saetta0404:20181104075836j:plain

檜原都民の森:森林館のモミジ

6:25@武蔵五日市駅前のタイムズ駐車場をスタート。日の出直後です。気温8℃、朝の冷え込みも厳しくなってきました。このところ遠征で超早朝に自宅を出発することに慣れてしまいました。今日は少し遅めの午前4時に出発していますが、やっぱり奥多摩は近いな!とすっかり感覚がおかしくなっています。

f:id:saetta0404:20181104075859j:plain

この一週間、ほとんど雨は降っていないので、秋川の流れは超クリアです。日当たりの良い場所は色づいていますが、渓谷全体としては、まだまだの感じです。

f:id:saetta0404:20181104075926j:plain

しんやがら橋、そこそこ紅葉してます。

f:id:saetta0404:20181104080045j:plain

南郷付近、まだまだです。

f:id:saetta0404:20181104075942j:plain

上川乗、全然ですね。

数馬のヘリポート付近の山は、そこそこ色づいていました。この山も日当たり抜群です。

f:id:saetta0404:20181104080111j:plain

8:28@九頭竜橋付近の紅葉はまだまだな感じです。

f:id:saetta0404:20181104080138j:plain

奥多摩周回道路で標高を上げていくにつれ、一気に色づきが増していきます。都民の森目前のカーブの紅葉は見頃でした。

f:id:saetta0404:20181104080201j:plain

9:07@予定よりちょっと遅れましたが、檜原都民の森に到着。

f:id:saetta0404:20181104080227j:plain

駐車場はすでに満車でしたが、自転車ラックはまだガラガラです。

f:id:saetta0404:20181104080304j:plain

エネルギー補給したり、トレランシューズに履き替えたり、トレッキングポールを組み立てたりと登山準備をしていると、第一陣のバス4台が到着し、売店前が一気に騒がしくなりました。

9:25@三頭山登山スタート。こんなに登山者が多いとは思ってもいませんでした。登山道が渋滞するのではと心配になります。

f:id:saetta0404:20181104080330j:plain

まずは森林館という施設へ向けて斜度12%くらいの坂道を登るのですが、

皆さん、歩くの速い!

あっという間に置いていかれました。2時間半のヒルクライム後の私と、バスの中で1時間動きを封じられていた登山者の皆さんとの差は歴然です。

f:id:saetta0404:20181104080355j:plain

今日歩くルートのマップを、東京都檜原都民の森HPから拝借しました。森林館(標高1,043m)を起点とする周回コースです。

距離:約5.4km、標高差:約539m、コースタイム:約2時間50分

f:id:saetta0404:20181104091015p:plain

ブナの道コース

単純に距離の半分2.7kmで標高540mアップとすると、斜度20%になります。意外ときついかもしれません。

まずはチップが蒔かれてフカフカの「大滝の路」を進みます。この辺りは、ハイキングコースなのでほぼ平坦です。

f:id:saetta0404:20181104080416j:plain

自転車乗りには見慣れた景色ですが、普通の人は初めて目にする景色です。反応が違いました。

f:id:saetta0404:20181104080439j:plain

南斜面の紅葉は綺麗です。

f:id:saetta0404:20181104080459j:plain

9:49@最初のランドマーク三頭大滝(標高1,115m)に到着。滝を正面から楽しめるようにと、橋(滝見橋)が架けられていました。

f:id:saetta0404:20181104080531j:plain

f:id:saetta0404:20181104080550j:plain

f:id:saetta0404:20181104080613j:plain

9:52@三頭大滝で「大滝の路」は終了、この先は三頭山へと続く「ブナの路」です。道は登山道に変身します。歩幅を狭めて、決して急がず、一定のリズムで登ります。

f:id:saetta0404:20181104080633j:plain

苦手な階段登山

f:id:saetta0404:20181104080708j:plain

沢沿いの急傾斜な登山道

f:id:saetta0404:20181104080726j:plain

この黄葉はブナか?肝心のことがわかってない!

f:id:saetta0404:20181104080751j:plain

イメージ的にはブナっぽいぞ!

10:47@ムシカリ峠(標高1,430m)に到着。この辺りはすっかり落葉していました。標識に「三頭山 約15分」とあるので、休まずに通過します。三頭山という名前の通り、3つの山頂(西峰、中央峰、東峰)があります。まずは、西峰へアタックです。

f:id:saetta0404:20181104080818j:plain

また、階段か〜

f:id:saetta0404:20181104080838j:plain

11:02@きっちり15分で三頭山西峰(標高1,524.5m)に到着。立派なモニュメントがあり、たくさんの人が休憩していました。

f:id:saetta0404:20181104080901j:plain

登山に集中していた1時間で青空が消失。楽しみにしていた景色は、またの機会です。

f:id:saetta0404:20181104080929j:plain

センターに富士山が鎮座するはずだったのですが、、、

f:id:saetta0404:20181104080952j:plain

塩山方面

混雑する西峰山頂でなんとかスペースを確保し、おにぎりを食べました。大部分の皆さんはガスコンロ持参です。お湯を沸かして山ラーというスタイルに少し憧れます。

11:15@長居は無用と出発。一旦ど〜んと下って、中央峰、東峰へと登り返します。

f:id:saetta0404:20181104081011j:plain

f:id:saetta0404:20181104081036j:plain

11:21@中央峰(標高1,531m)、三頭山の最高地点

f:id:saetta0404:20181104081052j:plain

11:23@東峰(標高1,527.5m)

展望台が2箇所あり、奥多摩方面が見えます。

f:id:saetta0404:20181104081121j:plain

中央の尖った山が大岳山

東峰からかなりの急傾斜を下ります。ズリズリ滑ります。トレッキングポールが大活躍しました。途中、木々の間から何度か奥多摩湖が見えたのですが、撮影できるような場所がなく、ちょっと残念でした。

f:id:saetta0404:20181104084033j:plain

標高 1,300m付近で、黄葉した葉をつけた1mほどの若木をたくさん見かけました。これはブナか?と撮影したのですが、ブナの葉はこんなにギザギザしていないようです。コナラかミズナラ、つまりドングリの若木でしょうか?

f:id:saetta0404:20181104084056j:plain

12:19@鞘口峠(標高1,142m)に到着。1時間の下りで膝が悲鳴を上げています。

f:id:saetta0404:20181104084120j:plain

森林館まで残り0.3km、助かりました。

ラスト300mは、階段路がメンテ不能なレベルまで劣化した状態の道で、このコース中で最も歩き辛い区間でした。

12:28@森林館に戻ってきました。所要時間3時間とほぼコースタイム通りです。

f:id:saetta0404:20181104084148j:plain

今日のテーマ「ブナの黄葉を見ることができたのか? 」については、見たような見ていないような消化不良の気分です。このテーマは、来年やり直しですね。

いつもと違う脚の疲労を感じながら、武蔵五日市までダウンヒル。汗を流しにつるつる温泉を訪れたのですが、登山客で超満員です。洗い場が空くのを順番待するという貴重な経験をしました。

走行距離:58.8km、獲得標高:1,075m、消費エネルギー:1,358kcal

歩行距離:7.4km、獲得標高:586m、消費エネルギー:1,086kcal

ガーミンのログとコースタイム(5.4km)の距離の数字がかなり違います。私が登山でも蛇行して登っていることを示しているのでしょうか?

 

2018-紅葉狩りライド:奥利根ゆけむり街道

群馬県利根郡水上町から片品村へ至る群馬県道63号線は、通称「奥利根ゆけむり街道」と呼ばれます。水上町片品村の境界に位置するのが坤六峠(1,620m)です。珍しい名前なので、歴史的経緯があるのではと調べてみると、"建設当時、群馬県知事であった神田坤六(こんろく)の名前から命名された。"と肩透かしでした。

f:id:saetta0404:20181028090105j:plain

錦秋
続きを読む

2018-紅葉狩りライド:谷川岳一の倉沢

2018年-紅葉狩りライドの第一弾として実施した先週の富士北麓ライド。ハズレ無しのコース選定のはずだったのですが、雪の富士五合目という予想外の展開となりました。あれはあれでとても面白かったのですが、紅葉狩りライドという点では大失敗でした。次は外せないというプレッシャーの中、選んだ目的地は群馬県水上周辺です。紅葉情報では、谷川岳一の倉沢、照葉峡と行った定番紅葉スポットは今が「見頃」です。そして、照葉峡の少し先には片品村との境界の坤六(こんろく)峠もあり、見応え+走応えの両方を満たすことができるはずです。ただし、紅葉の名所のため週末は混雑が予想されます。天候を考慮し、有休を取得して、平日(10/26)に決行しました。

続きを読む

速報:2018紅葉狩りライド:見頃ピークの水上周辺

10/26(金)、谷川岳、照葉峡、坤六峠と群馬県水上周辺を走って来ました。写真の通り、谷川岳は紅葉のピーク、奈良俣ダム、照葉峡の紅葉も凄かったです。来週前半までが見頃かもしれません。仕事を休んで見に行っても損はありませんよ〜!天候にもよりますが、寒さ対策は必要です。

f:id:saetta0404:20181027093232j:plain

谷川岳一の倉

富士北麓紅葉巡り・・・のはずでしたが、、、

実は、10/19(金)、10/20(土)の一泊二日で秋の紅葉遠征を計画していました。当初、会津鬼怒川線会津高原尾瀬口からスタートして桧枝岐村付近で宿泊、翌日、奥只見湖を堪能して折枝峠を下り、上越線浦佐から新幹線で帰京することを考えていました。しかし、突然、

国道352号一部通行止めについて || 尾瀬檜枝岐温泉観光協会

という情報が流れます。な、なんと10/19から11/15でR352(御池〜新潟県境)が工事通行止め、そのまま冬季閉鎖に入るとのことです。これで尾瀬ブナ平の紅葉は夢と消えました。ならばと次に考えたのが秘境秋山郷新潟県中魚沼郡津南町と長野県下水内郡栄村とにまたがる中津川沿いの地域)。私の走力では一泊しないと無理な場所です。走行ルートを入念に作成し、切符と宿を予約して準備万端でしたが、当初晴れマークだった天気が次第に怪しくなり、ついには金曜土曜共に一時雨という悲しい予報となり、泣く泣く二日前にキャンセルを決断しました。

そんなこんなでちょっとガックリ来ていたのですが、10/21(日)は、この秋一番の好天となりそうな予報です。このチャンスを逃す訳にはいかないと目的地に選んだのか富士山麓です。山中湖から富士五合目で標高900m〜2,300mをカバーするので、どこかの標高ゾーンは紅葉してるよね?と、はずれ無しのくじを購入しました。

4:00@自宅を出発。6:08@山中湖畔に差し掛かるとちょうど日の出です。同時に湖面から霧が立ち昇り始めます。これはシャッターチャンス!と慌てて車を停めて、幻想的な景色を写真に納めました。

f:id:saetta0404:20181022182057j:plain

続きを読む

小田原一夜城歴史公園と漁港食堂

関東は10月になっても相変わらず天候が安定しませんね。土曜日の朝、さて明日の天気はと確認すると、午前中は雨マーク。それじゃ、今日走るしか無いじゃんと、慌てて準備して出発しました。とりあえず、久しぶりに国道134号線で西を目指しました。

f:id:saetta0404:20181016225506j:plain

曇り空でも山のシルエットは明瞭、気温が下がったからか?
続きを読む