読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

大山寺と林道巡り

林道 丹沢 自走

梅雨なのに日曜日は晴れてくれます。嬉しい限りなのですが、今週は体が怠くて気力が湧きません。とうとう行き先が決まらないまま日曜の朝を迎えてしまいました。暑くなる前に三浦半島を一周してチャッチャと済すつもりで天気予報を確認すると、海岸線は風が強そうです。気分的に向い風はNOです。それでは風が強いなら山に逃げ込むかと、とりあえず起点となる伊勢原運動公園へ向けて出発しました。

f:id:saetta0404:20160626190111j:plain

6:00、怠い体に鞭打ってスタートしましたが、西寄りの向い風にすぐにへこたれました。今日はのんびり走るしかないようです。

f:id:saetta0404:20160626190235j:plain

境川CRでは南風の恩恵を受け、少し楽をさせてもらいました。一汗かいたことで体も楽になってきました。伊勢原運動公園のセブンイレブンで休憩し、阿夫利林道を大山寺に向かうことに決定。今年前厄ですので、まずは厄払い、余力があれば林道巡り(仁ヶ久保林道、薬師林道)というプランです。

f:id:saetta0404:20160626190249j:plain

いつもは七沢方面へ向かう西富岡交差点を、今日は大山方面へ左折します。昨日の雨で空気が浄化されたのか、山並みがクリアに見えます。

f:id:saetta0404:20160626190306j:plain

大山街道を汗をかきかき清水屋まで登ってきました。道が整備され走り易くなったのですが、日差しを遮るものがなく夏向きの道ではありません。

清水屋駐車場の左奥に、林道の入り口があります。

f:id:saetta0404:20160626190321j:plain

入り口から見える範囲は10%超の勾配ですので、はじめてのときは少しビビって突入しました。

f:id:saetta0404:20160626190341j:plain

急勾配はすぐに終わり、林間コースになります。涼しい木陰をゆるゆると上って行きます。

f:id:saetta0404:20160626190403j:plain

浅間山林道との分岐点を通過してからが阿夫利林道となり、大山寺まで3kmほどです。今日は、遭遇した車は往復で2台だけと超静かです。朝の怠さは綺麗に忘れて、楽しくなってきました。

f:id:saetta0404:20160626190420j:plain

ところどころで10%を越える部分もありますが、平坦区間もあるので軽い苦行で上って行けます。

f:id:saetta0404:20160626190436j:plain

50分程で大山寺が見えてきました。秋の紅葉の名所です。ここで標高500mくらいでしょうか、吹く風が涼しいです。

f:id:saetta0404:20160626190455j:plain

前厄ですが、

ほどほどでご勘弁ください!

とお願いして、次の仁ヶ久保林道へ向かいました。

f:id:saetta0404:20160626190512j:plain

旧道を下り、林道の入り口を探します。何台かの自転車とすれ違いましたが、皆さん暑そうです。ほとんど新道との分岐近くまで下って、入り口の易住寺がありました。お寺の横の道を入って行くと、もの凄く路面状態の悪い登り坂が現れます。これを登るのは嫌だなと思っていると突如として整備された路面が出現しました。

f:id:saetta0404:20160626190554j:plain

集落を抜けたところにお約束のゲートがあります。俗世との結界です。

f:id:saetta0404:20160626190613j:plain

仁ヶ久保林道は、距離4.5km、平均斜度8.6%というスペックです。特に前半は写真の14%を筆頭に、10%超の急坂が繰り返し現れます。一昔前の私だと、ぎゃーぎゃー騒いでしまう激坂のオンパレードですが、少し成長したのかマイペースでジワジワと上って行けました。車やバイクは来ませんので自分の世界にどんどんと没入して行き、呼吸の苦しさも感じません。

2kmほど進むと尾根筋のような道となりますが、頻繁に10%の登り坂が現れます。見晴らしもよくなり、相模の平野部が見渡せました。

f:id:saetta0404:20160626190629j:plain

厚木のあたりまで、肉眼でもよくわかります。

f:id:saetta0404:20160626190644j:plain

最高点を過ぎたところにゲートがあり、その先は日向林道となります。

f:id:saetta0404:20160626190708j:plain

日向林道は、路面が荒れていますので慎重に下りました。コース的には、日向林道を上り、仁ヶ久保林道を下るのが安全ですが、こちらのほうが難易度<高>です。日向林道のゲートに到達するためには、日向薬師からふれあいの森キャンプ場までの距離2.1km、平均斜度9.8%(最高斜度17%)の区間を突破しなければなりません。はじめてこの区間を走ったときは、余りの辛さに過呼吸状態となり何度も立ち止まった記憶があり、苦手なコースです。

f:id:saetta0404:20160626190725j:plain

f:id:saetta0404:20160626190740j:plain

最後は、日向から七沢温泉へ抜ける薬師林道です。日向薬師まで1kmほどの登りをこなすと道は下り始めます。アレ?と思っているうちにどんどんと下ってしまい、写真を撮る暇もなく七沢温泉に到達してしまいました。この林道も七沢側から上ると、それなりの登り坂がありますので、進行方向で走った人のコメントが異なりそうです。

13:00、本日のイベントは終了です。ここですべて終了であれば言うことなしなのですが、蒸し暑さの中、復路の40kmをグタグタと走り帰宅しました。

来週末も雨ではなさそうで、行き先選びが難航しそうです。

走行距離:119.5km、獲得標高:1,534m、消費カロリー:3,180kcal