読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ride on a ちゃり

パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録

トライアスロン横浜大会2016を見る

地元開催のトライアスロン世界大会を見学してきました。午前中の女子のレースを参考に、ここに陣取りました。赤煉瓦倉庫の方から海岸通りへ左折する最もリスクの高いコーナーです。

f:id:saetta0404:20160514182137j:plain

レース開始の20分前に到着したのですが、到着時点のコース幅は1m狭く設定されていました。最終チェックに回って来たオフィシャルの指示で、慌ててイン側のパイロンの位置変更を実施されましたが、人が感覚的に置き直したので、いびつなRが出来上がります。追い風でこのコーナーに選手は突っ込んできますので、かなり危険なコーナーです。

先頭がやってきました。慎重なアプローチです。

f:id:saetta0404:20160514182151j:plain

このコーナーを集団で駆け抜けて行く時の迫力はもの凄いです。それにしても、よく事故が起こらないものです。

f:id:saetta0404:20160514182317j:plain

周回を重ねるとコーナーのスピードがアップ。ご覧の通りパイロンの位置が変わっています。案の定、位置がおかしかったパイロンは一周目で吹っ飛ばされました。

f:id:saetta0404:20160514184549j:plain

f:id:saetta0404:20160514184623j:plain

f:id:saetta0404:20160514184642j:plain

ラストの山下公園へ向けてのスプリントです。1位、2位はイギリス勢。

f:id:saetta0404:20160514182405j:plain

f:id:saetta0404:20160514182433j:plain

イギリス勢がランのトップで来ると思っていたら、1位スペイン、2位ノルウェー

f:id:saetta0404:20160514182521j:plain

第二集団にもイギリス勢の姿はありません。何があったのでしょうか?

f:id:saetta0404:20160514182539j:plain

市街地のトリッキーなコースでしたので、驚異的なスピードではありませんでしたが、すぐそばを選手が走り抜けて行きますので迫力満点でした。